2014年 12月 06日
「Layer」作品紹介-2 日比谷泰一郎/ 松田独人
日比谷泰一郎/Taiichiro Hibiya




e0184298_1233633.jpg



「nameless[F]」







e0184298_12344044.jpg


「放課後」





e0184298_1673046.jpg


「icon:Okappa」







家路をいそいでいる人々。改札前で待ち合わせしている人。放課後を楽しそうに過ごす学生達。
何気ないいつもの風景をドローイングし、人体の動きやフォルム、そのときの情景などを捉え、自分自身のフィルタを通して作品化している。作品化することでここに存在していたという事実を証明するような、日常の抽出を試みている。
天災や病気など不安を感じる毎日だからこそ、繰り返される日常の価値、意義を再考し、また鑑賞者にも何かしらの印象を与え、感じてもらえるような作品表現を目指す。(日比谷泰一郎)








松田独人/Sololy Matsuda



e0184298_12501539.jpg


「9.332km遠くの人」、「8.686km遠くの人」、「6.016km遠くの人」
映像作品





e0184298_12511533.jpg


「Ayano lives in Okayama,Japan」





e0184298_12521113.jpg


「Paulin lives in Dussel dorf,Germany」






遠くの人々を撮り続けている。

数千km離れた人々を数年間。

何の影響か私たちは散り散りだが、
寝ても覚めても会い続け、
住む時間は違えど関係を続けた。

撮り溜めたモノを見れば曖昧で、
一瞬の記憶の方が像は鮮明なのだから、
ぞっとする。( 松田独人)

[PR]

by mmfa | 2014-12-06 16:00 | 展示情報 | Comments(0)


<< 「Layer 下園雄輝/ 針生...      「Layer」作品紹介-1 下... >>