2015年 01月 24日
「白 SHIRO」-作品紹介 内倉ひとみ
「Lumiere - 田園」
e0184298_1641136.jpg






e0184298_1652036.jpg






e0184298_166730.jpg






「月の雫」
e0184298_1665248.jpg






なぜ人は美術館やギャラリーに足を運ぶのだろうか。
そこに何を探しに行くのだろうか。

創って見せる側の私は、内なるものの表出、表現がアートだと楽観的なことをいう訳にはいかない。
また魂の彷徨の姿や社会批判をしたとしても、見る側はすでに十分知っている。
情報も十分にあるし、生きれば生きるほどそれなりの苦労が身に沁みている。
探し物に来ている人に対して私に何ができるだろうか。
自身に深く問いはじめた。そして心の成長を待つことにした。1988年のこと。
そして、2005年の冬、私の底にある景色、作品リュミエールに出会えた。

押し付けがましいものなど作りたくない。自由なのがいいな。
見る人が私の作品の前に立ち肩の力を抜いて多くの対話をしてくれるのがいい。
私の作品は、どちらかというと観る人の聞き役にまわるのだろう。
だから、私の作品には、「白」がいい。
(Text / 内倉ひとみ)








内倉ひとみ Hitomi UCHIKURA


「白 SHIRO」
内倉ひとみ / 萩原義弘 / 藤井龍徳 / 三角みづ紀/ 横湯久美

[PR]

by mmfa | 2015-01-24 17:15 | 展示情報 | Comments(0)


<< 「白 SHIRO」-作品紹介 ...      「白 SHIRO」-作品紹介 ... >>