2015年 05月 03日
工房集展「Fundamental Ⅱ」-作品紹介④ 高谷こずえ / 野田夢友
【2F】



e0184298_16564869.jpg

「氷川きよし」   「天童よしみ」







e0184298_16572766.jpg

「サッポロビールまつり」







高谷こずえ Kozue Takaya

高谷さんはおしゃべりが好き。同じ机で創作活動をしている仲間に、色々な話題を話している。相手の
相槌など関係なく、次々と話しが進んでいく。歌も好き。特に氷川きよしが大好きで、こぶしを利かせ
ながら気持ちよさそうに口ずさんでいる。歌のジャンルも幅広く、ポップスも良く知っていて結構歌が
上手なので驚かされる。また、つらいことや悲しいことがあった時・・眉間にしわを寄せて、険しい顔
をして無言のまま黙々と作品に思いをぶつけている。
どんなときも、高谷さんの切り絵の手は止まることがない。小さく切った折り紙を、丁寧に1 枚ずつ貼
り合わせる。平面でも立体でも、高谷さんにかかったらあっという間にキラキラとして存在感のある作
品へと命を宿す。楽しい時や嬉しい時は明るく大胆な作品、気持ちが穏やかではない時も、実はカラフ
ルな作品を生み出す高谷さん。もしかしたらそういうときの方が実に繊細な・・しかしダイナミックな
色彩を繰り広げているのではないだろうか。
それから、作品のタイトル。高谷さんの作品は最初に「○○を創る」と決めているのではない。貼り付
けて行きながら「~にしよう」と言い、そのうち「やっぱり・・」となって完成時に「テレビで観たド
ラマの絆の・・あれ、なんだっけ?キャアーって叫んでるやつです」と言うので、1つの作品が出来上
がっていくまでの過程を、すぐそばで見ている私達は、とても得しているように思う。
そんな高谷さんの人柄、今想うこと、願いや底知れない魅力が詰まった作品たち。高谷こずえワールド
に、ぜひ浸ってほしい。

スタッフ 山内樹美子









e0184298_17494679.jpg

「Untitled」 「Untitled」 「Untitled」








e0184298_1752242.jpg

「Untitled」 「Untitled」




野田夢友 Yumeto Noda

野田さんは、2004 年から川口太陽の家・工房集に所属し、絵画の仕事を始めた。野田さんが使用する画
材は主にクレヨン。何度も色が塗り重ねられていくことで、どんどんと色が混じり合い、深くなり、クレヨ
ンとは思えないような色彩を生み出していく。入所して数年、初期の頃は横に線を引いたり、波線を描
いたりと意識して“ 何か” を描いているようであったが、ここ最近は主に○(まる)を描いて、その中を
グリグリと塗っていくような描き方のみで、その“ 行為” のみが残っているように思える。
野田さんは日中、工房集の食堂とアトリエを行き来している。食堂の決まった座席で、のんびりとする→
アトリエに行き、クレヨンと作品を準備し、描く→ある程度描くと、クレヨンと作品をしまい、また食堂へ
戻る。この流れを何度も何度も繰り返していくことで作品が出来上がっていく。一見すると、食堂でさ
ぼっていると思われてしまうが、そうではない。食堂でゆっくりできる時間、そしてそれを周りに認めて
もらえる環境があるから、野田さんは仕事に向かえるのである。
実は数年前、環境の変化など様々な要因が重なり、野田さんは状態が徐々に悪くなっていき、これまで
出来ていたはずのことがいくつか出来なくなったことがあった。ただ、それでも野田さんは食堂とアトリ
エを行き来して、描くという行為は決して止めなかった。描くという行為が野田さんにとって、とても大
切であり、必要な行為の一つなのだと強く感じた。
野田さんはとても温厚な性格で、独り言をよく話している。その多くは脈絡のないことだが、実は周り
がよく見えていて、最近ではその時の状況に合った発言も増えてきている。先日、「トイレ~!トイレ行っ
てくる~!」と何度もアピールしながら繰り返し言っている仲間に対し、「早く、行けよ!!」とツッコミ
を入れていた。毎日施設から自宅に帰る時、送迎バスから降りると、振り返り、「じゃあ~ねぇ~。ばい
ば~い。」と言いながら、バスがいなくなるまで手をふってくれる。お給料を渡された時、野田さんは袋
をじっと見つめながら、「がんばった…がんばった…」とつぶやいていた。これらは全て偶然かもしれない
し、理解しての言動ではなく、周りの人をただ真似しているのかもしれない。しかし野田さんに関わる周
囲の人たちが、それらのことを肯定的に捉え、評価していくことで、野田さん自身に実感として積み重な
っていくのではないかと思う。
3 月が誕生日の野田さんは、まもなく30 歳を迎える。みぬま福祉会と同じ30 歳。同い年である。より豊かな
未来に向けて、みぬま福祉会と野田さん、これからも互いを大切にし合い、共に歩んでいきながら、良い
歳を重ねていってもらいたい。

スタッフ 中村亮一






工房集展「Fundamental Ⅱ」
KOBO SYU Exhibition[Fundamental Ⅱ]

[PR]

by mmfa | 2015-05-03 15:30 | 展示情報 | Comments(0)


<< 工房集展「Fundamenta...      工房集展「Fundamenta... >>