2015年 05月 24日
「Flowers」 -終了
e0184298_2137583.jpg





e0184298_1762732.jpg





e0184298_177143.jpg





e0184298_2052146.jpg







作家方の個性の違いは、そのまま花の多面性となり、同時に画廊全体は、ひとつの「花」空間として在りました。

自分は浅い理解ですが、岡倉天心の『茶の本』の、
「(前略)あるいは、暑さでうんざりするような夏の日、昼の茶会によばれて行ってみると、ほの暗く、涼しげにととのえられた床の間に一輪の百合が釣り花瓶にいけられているのに出会うかもしれない。露に濡れたその花の様子は、人生の愚かしさにほほ笑んでいるかのようだ。」
こちらの一説に 感じるところが多くあります。

花と対等になり、心を晒しゆだねる。そこから生まれる静かな力から、様々な 個を越えた思いへと広がってゆく・・ 会期中 見るかたに、沢山の花交流が生まれたようでした。



以下、拙い写真ですが、会場風景、作品紹介をまとめました。


会場風景1


http://mmfa.exblog.jp/23120962/



会場風景2


http://mmfa.exblog.jp/23129404/



作品紹介1


http://mmfa.exblog.jp/23148526/



作品紹介2

http://mmfa.exblog.jp/23148625/




Gallery Selection 「Flowers」
大西美弥子/ 小林俊哉/ 塩崎由美子/ 西村陽一郎/ 森雅美

[PR]

by mmfa | 2015-05-24 21:44 | 展示情報 | Comments(0)


<< 次回展示まで、準備期間      「Flowers」 作品紹介 -2 >>