2015年 09月 13日
吉田重信展「2011312313」-展示紹介2
e0184298_12273190.jpg





e0184298_12281284.jpg





e0184298_12283683.jpg


  


e0184298_12285931.jpg





e0184298_12292312.jpg





e0184298_12295113.jpg





e0184298_12301492.jpg





e0184298_12313016.jpg




福島第一原発から約10キロ圏内に位置する福島県双葉郡浪江町は、今も放射線量が高く帰宅困難地域である。震災当時を伝えるこの新聞は、浪江駅近くの販売所に、配達されずに放置された2011年3月12日と13日の新聞だ。紙面では、東日本巨大地震の規模の大きさや津波の被害、避難する人々の混乱した状況が記されている。中でも、福島第一原発一号機の爆発を伝える緊迫した記事からは、震災直後の生々しい記憶が蘇る。
あれから4年が経過した現在、日常から失われつつあるものは様々で、時が進むほどに薄れていく記憶の風化は止められない。しかし、私達の周囲の時間の経過、その動きを刻む行動、その知識に意味を与えるためには、社会に問いかけ真実をつなげる活動が必要だ。[2011312313]は、記憶=存在=認識を視覚化することで、現在も近未来の社会でも起こりうる危機的な現実が立ち現われてくる。
(Text/吉田重信)






吉田重信  Shigenobu Yoshida

[PR]

by mmfa | 2015-09-13 12:35 | 展示情報 | Comments(0)


<< 吉田重信展「201131231...      吉田重信展「201131231... >>