2016年 04月 30日
工房集展―作品紹介② 佐々木省伍・鶴岡一義


佐々木 省伍



e0184298_1654235.jpg




e0184298_166930.jpg




 おもに透明水彩やクレヨン、時にマーカーによって描かれる彼の絵画は、人間の顔や植物がユーモラスで抽象的な形態で表現され不思議な浮遊感を漂わせています。
 ダイナミックで緻密な画面構成、独特な形態と力強い筆圧。情感溢れ透明感のある色彩は見る者を絵画の魅力に誘います。色彩本来の隠されている力を呼び覚まし、生きることや優しさや激しさといった人間の感情を呼び起こさせる力を持っています。最近では以前のような作品のヴァリエーションは見られないまでもその優れた色彩感覚によって有機的でユーモアを感じさせる世界に変化してきています。

中津川 浩章



 絵を描くことがとても大好きで日中活動だけでなく自分の部屋に戻っても絵に向き合っているほどです。一日の活動が終わる時は「絵は?」と言って次にいつ絵を描くことが出来るのか確かめるほど、絵を描くことが本当に大好きで楽しそうです。描いている途中や出来上がった絵を職員に「描いた!」と言って見せに来てくれ、描くだけでなく人に見てもらうこと評価してもらうこともとても嬉しいようです。作風は、クレヨン、色鉛筆、絵の具など様々なものを使って描いています。描き込んでいくとクレヨンで下絵を描いた上から更にクレヨンで塗りつぶしてしまい一色になってしまうほどのめり込んでしまうこともあります。最近ではマジックを使うこともあり、いろいろ新しいことにも挑戦しています。佐々木さんの絵は展覧会で何度も取り上げられ、みぬま福祉会の表現活動の先駆者です。

スタッフ  塙 純二





鶴岡 一義



e0184298_167673.jpg




 木の端材のすべての面にペイントし、さらに線で螺旋のドローイングを重ねていきます。その線は大きく旋回し軽やかなリズムと生命感を持ちながら私たちに何かを語りかけてきます。さらに描きこんでいくことによって線の重なりは面的なものへと変質し、存在感のある不思議な小立体が現れます。
 鶴岡は完成したひとつひとつのパーツを組み合わせ、そこから街を連想するようなレリーフ状の作品にしたり、さらにもっと複雑な構成の立体作品にしていきます。最近では描く線が細くなってより密集度が増し、描いている画面に緩急が生まれてきています。
 そんな鶴岡ワールドの展開はとどまることを知りません。それは快楽なのか、祈りなのか私たちにはわかりません。しかし鶴岡はこのような制作を13年以上続けています。彼にとって表現することは生きることそのものなのです。

中津川 浩章



 決まった行動を多く行うことがあって、アトリエ輪の中にある小さいゴミ箱のゴミを大きなゴミ箱にまめに捨ててくれたり、座る場所を決めていたりする鶴岡さん。最近は、鶴岡さんから仲間にタッチを求めるたり、ポスカのインクが出にくくなると仲間に渡してチェックしてもらう、自分の席があるテーブルで仲間たちがUNOをしていると座る位置をずらして仲間のことを考えて動くなど、自分の世界がすこしずつ広がってきている。
 作品づくりは、木材をノコギリで切る、ペンキで色を塗る、ポスカやマッキーで○を描く。昨年度からペンの太さに変化をつけて極細のポスカを作品によって使うようになり、大きい作品と小さい作品、作品のサイズに幅ができてきた。ポスカとマッキーを本人のその時のブームで使っているが、同じ○を描いた作品でも雰囲気が違う世界がみえる。単純にみえるようで奥深い○が織り出す世界を感じてください。

スタッフ 大貫 祥太
[PR]

by mmfa | 2016-04-30 13:00 | 展示情報 | Comments(0)


<< 工房集展―作品紹介③ 西川泰弘...      工房集展―作品紹介① 大倉史子... >>