2016年 06月 26日
「裸形の北風 Naked Northwind」-終了

e0184298_21472236.jpg


「民間開拓によって今の姿がある帯広/十勝は独立独歩のフロンティアの気質に溢れる土地です。アートにもその気風は現れていて、大都市とは異なるアートシーンが展開しています。
層は厚くありませんが、意欲的に、その作風はそれぞれの思うがままに実践されています。そこには風土の自然を対象とする事だけではなく、制作姿勢やその表現方法などのストレートさにおいて「自然」という特徴が見えて来ます。現代アート特有の言い回しに慣れた目には十勝のアートは格別新鮮に映る事でしょう。ローカルなアートシーンについて感じ、考える事は日本のアートシーンそのものを考える事につながっているのです。 (text 白濱雅也)」

今展企画者 白濱雅也さんのステイトメント。・・まさに、腑に落ちた展示でした。
池田緑さん、白濱雅也さん戸張良彦さん、半谷学さん。四人四様の その背景には、広大な空地、長い水平線、風の音、土の香、雪の匂いが透けて在ります。それらは、帯弘にあるよりも、この東京の地に持ってこられてこそ、余計に顕著に感じられたのかもしれません。
「自然、あるがまま、あたりまえ」は、場所をたがえると「プレシャス、貴重」なものになる。ローカリティの稀少さは、そこから「じゃあ、ここでは・・」と考える起点となって。そういう活発な交流が繰り広げられた今会期でした。


e0184298_21234946.jpg




展示紹介-1F
展示紹介-2F
[PR]

by mmfa | 2016-06-26 21:48 | 展示情報 | Comments(0)


<< BODO KORSIG &qu...      「裸形の北風 Naked No... >>