2016年 07月 04日
「骨の記憶 a memory in the bone」-SPECIAL EVENT for BODO KORSIG " I am not done !"
SPECIAL EVENT for BODO KORSIG " I am not done !"
「骨の記憶 a memory in the bone 」
performance by 三角みづ紀 Mizuki MISUMI & 井谷享志 Takashi ITANI

7月10日(日)   5:00-5:30 pm   *予約不要
July 10th Sun. *Reservation not necessary


e0184298_1517124.jpg


三角みづ紀   Mizuki MISUMI
詩人。1981年鹿児島生まれ。大学在学中に第42回現代詩手帖賞、第1詩集で第10回中原中也賞を受賞。
第2詩集で南日本文学賞と歴程新鋭賞を受賞。執筆の他、朗読活動も精力的に行い、
自身のユニットのCDを2枚発表しスロベニア国際詩祭やリトアニア国際詩祭に招致される。
2014年、第5詩集『隣人のいない部屋』で第22回萩原朔太郎賞を史上最年少受賞。
美術館での展示や作詞等、あらゆる表現を詩として発信している。

poet. She received the Modern Poetry Notebook Award (2004). Her first book of poetry “Overkill” was awarded the 10th Cyuya Nakahara Award. Her next collection of poetry won the Rekitei Award for New Comers and the Southern Japan Literature Award. From 2008, she started reading and improvisation performance, she released two music albums. She was invited to the Festival of Poetry and Wine in Ptuj, Slovenia (2012). She was invited to the poetry Festival in Lithuania (2013). Her 5th poetry book was awarded the prize of poetry the most prestigious in Japan (2014). At “JAPAN CUTS,” a Japanese movie festival in New York, she addressed audience on behalf of the director at the screening of “Mother, I’ve Pretty Much Forgotten Your Face,” a doc film in which she makes an appearance (2016). She has published eight poetry books and one novels and one book of picture book. She exceeds a genre and is continuing sending all expressions like poetry.


e0184298_15173824.jpg

井谷享志 Takashi ITANI
パーカッショニスト、ドラマー。チャーリー・パーカーのアルバムでマックス・ローチを聴き、ドラムを始める。
その後、民俗音楽に触れパーカッションも扱うようになる。
既存の領域にとらわれない独自の感覚と幅広い表現力で、国内外の様々なライブ、レコーディングに参加。
舞踏家や映像作家、画家、詩人など、ミュージシャン以外のアーティストとのパフォーマンスや制作も積極的に行っている。
近時の主な活動は、 中原中也賞、萩原朔太郎賞詩人三角みづ紀のプロジェクトで、早川義夫、佐久間正英、三上寛と共演、遠藤ミチロウ奄美群島ツアーに参加。ハワイ、スロベニア、ベルリン、ビーレフェルトにてライブ。氏の監督映画の音楽担当、個展に音源提供。クール・ジャズの重鎮テッド・ブラウンの来日ライブレコーディングに参加。
宇多田ヒカル「Hymne a l'amour ~愛のアンセム~」(菊池成孔プロデュース)のレコーディングに参加。
ジャズドラマー大坂昌彦プロデュース「Novie / Confetto」のレコーディングに参加。
ピアニスト、作曲家藤井郷子の「Satoko Fujii "TOBIRA"」ではヨーロッパツアー、北米ツアー、南米ツアーを行う。ヴィジョン・フェスティバル、バンクーバー・ジャズ・フェスティバル、ブエノスアイレス・ジャズ・フェスティバルに出演。初の自己音源「なんか夢みたい」を発表。自身のソロパフォーマンスでフランス、リールに招致される。


Takashi Itani started playing jazz drums after he first heard Max Roach on a Charlie Parker record. Inspired by the music of Cuba, Brazil and West Africa, Itani also plays conga, bongo, djambe, cajon, pandeiro, framedrum, and Darbuka. His drumming is not confined to currently existing musical boundaries. Using his unique creativity and wide range of performance skills, Itani performs and records tirelessly with a number of bands in a variety of genres.




BODO KORSIG "I am not done!"

[PR]

by mmfa | 2016-07-04 17:42 | 展示情報 | Comments(0)


<< BODO KORSIG &q...      BODO KORSIG &qu... >>