<   2011年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 27日
ゴールデンウィーク休廊のお知らせ
つつじがいたるところで花開き、また新緑の美しい季節になりましたね。

マキイマサルファインアーツでは、5月5日(木)まで、展示はお休みになります。

ゴールデンウィーク明けの展示は、

マキイスタッフセレクションVol.4「People are strange」
5月6日(金)~5月31日(火) ※5/18,19 休廊
※5/6~17 1F/2Fでの展示、5/20~31 2Fでの展示

◆5月6日(金)18:00~20:00 オープニングパーティー

皆さまのご来廊をお待ちしています。

e0184298_1715317.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-04-27 17:21 | スケジュール | Comments(0)
2011年 04月 26日
「ガールズミーティング from 工房集」終了
「ガールズミーティング from 工房集」展、終了しました。
展示に足をお運びくださったお客様をはじめ、この展示に関わってくださった
すべての方にこの場を借りてお礼を申したいと思います。

ありがとうございました。
[PR]

by mmfa | 2011-04-26 20:06 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 04月 24日
「ムイットボン!」 リ:ブレス 紹介
ひき続き、画廊で販売中のグッズの紹介です。

今日のご紹介は、工房集さんのグッズではないのですが、
アーティストの上田尚矢さんが代表をつとめる「ムイットボン!」が企画した
ブレスレットです。私たちスタッフも、愛用。
e0184298_13205158.jpg


『リ:ブレス』

リ(Re:再生)と、ブレス(Bless:祈り・祝福/breath:息/bracelet:ブレスレット)

組み合わせた造語だそうです。

ブレスレットを作っているのは「ポレポレグッズ」という、横浜市中区内の障がいのある方の
作業所のメンバーたち。ひとつひとつ色の組み合わせを選んで編んでいるそうです。

ブレスレットの収益は、東日本大震災で被災された障がいを持った方達の支援のため、
ゆめ風基金に寄付されます。
http://yumekaze.in.coocan.jp

e0184298_13483125.jpg


アートとリサイクルとハンディキャップを結びつけた「ムイットボン!」の活動は、
以下でご覧いただけます。
http://tokyobanca.com/
[PR]

by mmfa | 2011-04-24 13:54 | アクリル棚 | Comments(0)
2011年 04月 23日
工房集グッズ紹介
「ガールズミーティング from 工房集」会期中、アクリル棚にも見目楽しい
工房集グッズが揃っています。その一部をご紹介。
ステンドグラス一筋、片波見知代さんの新作「ボタンランプ」。
e0184298_1936899.jpg

人気の織マフラー、シュシュ。マフラーはすべて羽生田優さん作。
e0184298_19382776.jpg

木工の人 鶴岡一義さん。
写真上:つみき 写真下:木工ストラップ
e0184298_19392024.jpg

e0184298_19461216.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-04-23 19:51 | アクリル棚 | Comments(0)
2011年 04月 21日
「ガールズミーティング from 工房集」作品紹介-3
昨日につづき、2Fの展示、残る2名を紹介します。

大倉 史子
大倉史子さんの絵は、自分の「好き」なものを繰り返し描いていくこと。
モチーフはさくらんぼ、イチゴ、ドクロ、そして鮭(サーモンではなく“さけ”なのがポイントです)・・・とさまざま。
e0184298_1643854.jpg

今回の展示では イタリアのスポーツウェアブランド「FILA」のロゴマークづくし。
どこまでも呪文のようにつづく繰り返し、羅列。
反復していくうちに色がずれ、大きさ、かたちがかわり、変化が生まれる。
そして、計算されたかのような余白使い。抜けぐあいが絶妙。
e0184298_1652826.jpg

それを目で追っていくのが楽しく、大倉さんの混じりけのない「好き」のパワーには脱帽です。
e0184298_1651022.jpg


横山 明子
工房集設立のきっかけの一端を担ったという横山明子さん。
16年ほど前、通常の作業所の仕事を横山さんが拒否、スタッフが話し合い、彼女に合う仕事を、と
考えたのが作品づくりだったそうです。
いろいろな作風、シリーズがあるなかで、今回は女の子らしいものを展示。
e0184298_16295994.jpg

クレヨンやマジックで勢いよく描かれた「女の子」たちや「フーセン」「ワンピース」。
明るい色合い。迷いなき線の集積。その間から滲み出ている描くことへの喜び。
温かく大らかな魂につつみこまれるような心地がします。
e0184298_1630261.jpg

e0184298_16304698.jpg


展示は来週26日(火)まで。会期も後半にさしかかりました。
ぜひお越しください。

工房集web:http://minuma-hukushi.com/KOBO-SYU/
工房集ニュースblog:http://kobo-syu.blogspot.com/
[PR]

by mmfa | 2011-04-21 17:25 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 04月 20日
「ガールズミーティング from 工房集」作品紹介-2
続いて2Fの展示。4名の作家のうち、2名の作品を紹介します。

羽生田 優
織りの人。年間50本は編むという羽生田優さん。
色を選び、フェルトを途中で入れたり、穴を開けたりして、自分のオリジナルを作っている。
e0184298_13503126.jpg

色という滝に呑まれるよう。
e0184298_13512458.jpg

切り絵作品のほうは、自宅で作成したもの。こちらも色が美しい。リズミカル。
e0184298_13521523.jpg

体の中に、これだけの色の存在があって、リズムを奏でているという事。
羽生田さんの黙々とした作業の積み重ねが、それを可視化してくれています。

渡邉 あや
オープニングの時、「これからも好きなものをたくさん描いて、発表して、たくさんの人に
観てもらいたい」と力強く言っていた渡邉さん。
e0184298_13541829.jpg
制作をはじめて6年、今回の主要テーマである飛行機を描きはじめて1年との事。
すごい集中力で描いたということがわかる。
e0184298_13551312.jpg

色鉛筆という素材の良さが、十全に生かされています。丹念に塗りこまれた、色の迷路。
e0184298_13561218.jpg

ビートルズの曲「Lucy in the sky with diamond」の歌詞に出てくる『万華鏡の目をした女の子』は
渡邊あやさんの事かもしれない。
[PR]

by mmfa | 2011-04-20 14:29 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 04月 19日
「ガールズミーティング from 工房集」作品紹介-1
開催中の「ガールズミーティング from 工房集」より、
各作家の作品を順に紹介します。

宮川 佑理子
糊を混ぜた絵の具を両手につけて、紙にゆっくりのばして描いてゆくという宮川佑理子さん。
のびやかな手の動きが目に浮かぶよう。楽しんでやっているのが伝わってくる作品。
優雅さとみずみずしさを湛えた赤のバリエーション。吸い込まれそうな円-深遠を思わせる。
e0184298_19415334.jpg

e0184298_19421550.jpg

e0184298_1941839.jpg


阿部 美幸
いつも黙々と描いているという阿部美幸さん。モチーフは相合い傘、チューリップ、そして
好きなジャニーズのタレント・・・、その繰り返し。使うのもマーカー、ボールペン、色鉛筆、
水彩絵の具と多様。縦横無尽に躍動する線、幾重にも重なる色彩とシルエット。それらが
まじりあってひとつの画面を構成している。複雑な作家のセンチメントを映しこんで。
e0184298_1943178.jpg

e0184298_19434116.jpg

e0184298_19424860.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-04-19 21:02 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 04月 16日
「ガールズミーティング from 工房集」オープニングパーティー
花吹雪が風に舞う4月15日夕方、「ガールズミーティング from 工房集」
オープニングパーティーが開かれました。
e0184298_14462135.jpg

e0184298_14464264.jpg

それぞれの作品の前で、自作について語る。
宮川佑理子さん
e0184298_1447694.jpg

阿部美幸さん
e0184298_14523112.jpg

羽生田優さん(後ろ)
e0184298_1414033.jpg

渡邉あやさん
e0184298_14141631.jpg

大倉史子さん
e0184298_14143687.jpg

工房集アートディレクター・中津川浩章さん(右)
e0184298_1503121.jpg


e0184298_14581333.jpg

生き生きと、繊細で、カオティック、愛らしい、女子的世界に会いにきてください。
個々の作品については、追ってブログにアップします。

工房集web:http://minuma-hukushi.com/KOBO-SYU/
工房集ニュースblog:http://kobo-syu.blogspot.com/
[PR]

by mmfa | 2011-04-16 15:28 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 04月 15日
「ガールズミーティング from 工房集」スタート
本日より、「ガールズミーティング from 工房集」展スタートしました。
展示風景、第一報です。
【1F】
e0184298_237534.jpg

【2F】
e0184298_238989.jpg
e0184298_238215.jpg


夕方からのオープニングパーティーには、6名中 5名の作家が来廊。
爛漫と咲くガールズパワー。華やかな会となりました。追ってご紹介します。
[PR]

by mmfa | 2011-04-15 23:11 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 04月 14日
「ガールズミーティング from 工房集」展開催にむけて
明日より開催の「ガールズミーティング from 工房集」。
私自身、展示を楽しみにしていました。

開催にむけて、拙いですが、すこし書かせていただこうと思います。

3,11の震災後しばらく、TVの明るさだけで電気をつけず、
ストーブもつけず、過ごしました。
電気を使うことが憚られたからでしたが、目は慣れてくるものの、
徐々に明らかになる未曾有の被害の様子に、どんどん心が重苦しくなっていきました。


そんなときふと思い出したのが、以前購入した
工房集 片波見知代さんのステンドグラスランプ。
片波見さんは、女性らしい感性と、やわらかさを感じさせる作品を多く制作しています。


今回の「ガールズミーティング」に出展しているアーティストからも感じますが、
彼女たちの表現は、なぜこれほど 生のちからに溢れているのでしょうか。


ステンドランプをつけてみると・・・がらっと部屋の雰囲気が変わりました。

心にも 明かりが灯りました。

それがどうした、と思う方もいらっしゃるかと思います。
たしかに、被災地の状況が変わるわけではないと言われれば、
まさにそのとおりで頭があがらなくなります・・・。

けれど、自分自身そうだったように、
いま、心のあかりを求めている方がたくさんおられるように
感じています。

その明かりを頼りに、少し前へと歩き出す

今回の展示が、観てくださったどなたかの そんな機会になれば、幸いです。

(K) 
[PR]

by mmfa | 2011-04-14 21:03 | 展示情報 | Comments(0)