<   2015年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2015年 09月 28日
「Metaferenz」-終了
e0184298_21173816.jpg






e0184298_21184515.jpg






Vielen Dank! 
[PR]

by mmfa | 2015-09-28 21:22 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 27日
「Metaferenz」-Last performance 9/27
e0184298_21205556.jpg





e0184298_21211354.jpg






e0184298_21213073.jpg






e0184298_21214678.jpg






e0184298_2140486.jpg






e0184298_2122786.jpg






e0184298_21404291.jpg






e0184298_21231625.jpg






e0184298_21233311.jpg






e0184298_21235590.jpg






e0184298_21241442.jpg






e0184298_21243195.jpg

[PR]

by mmfa | 2015-09-27 21:26 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 25日
「Metaferenz」-展示紹介1

e0184298_17472465.jpg







e0184298_1756431.jpg

Dodo Schielein 「Silent Music」






e0184298_17563611.jpg

Dodo Schielein 「rustling」

「壁面の紙は、ドイツの教科書からできています。
マイクとスピーカーを備えています。
紙に触れてみてください。あなたの触った音が増幅されます。
そしてあなたは、紙の「知」を聞くことができるのです。」

協力:西宮船坂ビエンナーレ





e0184298_1757914.jpg







e0184298_1748819.jpg







e0184298_17583170.jpg

Kenzo Onoda 「slip out」






e0184298_17591215.jpg

Dodo Schielein 「Walking」

音源はドド・シーラインの足音です。左右のスピーカーをつなぐケーブルが長いため、ボリュームや音の高さが異なって聞こえます。音自身もケーブルを散歩しているのでしょうか、ユーモアのある美しい作品です。




e0184298_17594781.jpg






撮影/松尾宇人 Ujin Matsuo
[PR]

by mmfa | 2015-09-25 20:37 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 25日
「Metaferenz」-展示紹介2
e0184298_1822374.jpg







e0184298_1824349.jpg

Kenzo Onoda 「silver moon」






e0184298_183138.jpg

Torsten P Bruch 「Open_Close」






e0184298_1832983.jpg

Dodo Schielein 「BOOM! TCHAK!」






e0184298_1835190.jpg







e0184298_1841193.jpg

Torsten P Bruch 「Veggy Dance」

「ここでのダンスはすべて、私トルステン・ブルッフによるものです。私は人体の動きに着目しています。コスプレを楽しみ、もう一人の自分に出会う無垢な場を創出するのです。船坂には澄んだ山の水とおいしい野菜があります。豊かな自然と そこで精を出す農家の皆様への敬意を表して、これを制作しました。おいしい野菜たちと素晴らしい自然への感謝を込めて。楽曲「スコヴィル」は、オーストリアはウィーンからやってきた、世界で唯一の<野菜管弦楽団>によって演奏されました。」
協力:西宮船坂ビエンナーレ






e0184298_1843173.jpg







e0184298_1845429.jpg

Torsten P Bruch 「eight kisses」

水中をゆったり泳ぐ二つの身体は、束の間のキスで一つになる。
水面の光の反射によって、暗闇に浮かぶ身体は神秘的な美しさに輝く大理石の彫像のように見える。






e0184298_1851257.jpg





撮影/松尾宇人 Ujin Matsuo
[PR]

by mmfa | 2015-09-25 20:35 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 20日
「Metaferenz」 - シルバーウィーク中の休廊について
e0184298_19345871.jpg


21日(月) 22日(火) 休廊
23日(水・祝) 営業します
よろしくお願いいたします。

We close on 21(Mon) - 22(Tue)
See you 23(Wed) - 27(Sun)

e0184298_19362523.jpg




「Metaferenz」

[PR]

by mmfa | 2015-09-20 19:37 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 19日
「Metaferenz」-オープニング
e0184298_20242284.jpg

  



e0184298_20244552.jpg





e0184298_20251153.jpg





e0184298_20252849.jpg





e0184298_20262260.jpg





ドイツ・ハンブルグのアーティストハウスFRISE との交流展「Ach.so!?=あっ、そう?!」メンバーや、ゆかりの作家同士集う、温かいオープニングでした。



Ach.so!?=あっ、そう?! 2011
Part1 http://www.makiimasaru.com/mmfa/archive/2011/1028/index.html




Part2 http://www.makiimasaru.com/mmfa/archive/2011/1111/index.html


Ach.so!?=あっ、そう?! 2012
http://www.makiimasaru.com/mmfa/archive/2012/1024/index.html

[PR]

by mmfa | 2015-09-19 20:36 | 関連作家 | Comments(0)
2015年 09月 17日
「Metaferenz」-搬入
e0184298_19492062.jpg





e0184298_19494054.jpg





e0184298_1950329.jpg





e0184298_19564068.jpg





e0184298_195766.jpg





e0184298_19574297.jpg





e0184298_19531177.jpg





e0184298_19533910.jpg





e0184298_19542473.jpg





ドド・シーラインさん、トルステン・P・ブルッフさん、週初めに来日、
小野田賢三さんは前橋より合流。松尾宇人さんがヘルプに入ってくださり
機械関係の数々のトラブルを克服し、3日にわたる搬入が終わりました。
画像からも なにか情熱や楽しさ、新しさが伝わるかと思います。
明日、初日です。


Metaferenz
[PR]

by mmfa | 2015-09-17 20:11 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 13日
吉田重信展「2011312313」-終了
e0184298_20413993.jpg


「2011312313」そして「20113111446」。
震災直後の生々しい記憶を封じこめた、黒い作品。鉛に閉じ込められた内側から、なにか見る人に封じ込められていたものに作用し、動かすようでした。
奇しくも会期中、台風17・18号起因の集中豪雨被害。震度5弱とはいえ東京湾を震源とする地震。辺野古移設作業再開、緊迫する安保法案。・・・ 震災の記憶に動かされ、話題が次々つながっていき、会話がとぎれない会期でした。
[PR]

by mmfa | 2015-09-13 21:32 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 13日
吉田重信展「2011312313」-展示紹介2
e0184298_12273190.jpg





e0184298_12281284.jpg





e0184298_12283683.jpg


  


e0184298_12285931.jpg





e0184298_12292312.jpg





e0184298_12295113.jpg





e0184298_12301492.jpg





e0184298_12313016.jpg




福島第一原発から約10キロ圏内に位置する福島県双葉郡浪江町は、今も放射線量が高く帰宅困難地域である。震災当時を伝えるこの新聞は、浪江駅近くの販売所に、配達されずに放置された2011年3月12日と13日の新聞だ。紙面では、東日本巨大地震の規模の大きさや津波の被害、避難する人々の混乱した状況が記されている。中でも、福島第一原発一号機の爆発を伝える緊迫した記事からは、震災直後の生々しい記憶が蘇る。
あれから4年が経過した現在、日常から失われつつあるものは様々で、時が進むほどに薄れていく記憶の風化は止められない。しかし、私達の周囲の時間の経過、その動きを刻む行動、その知識に意味を与えるためには、社会に問いかけ真実をつなげる活動が必要だ。[2011312313]は、記憶=存在=認識を視覚化することで、現在も近未来の社会でも起こりうる危機的な現実が立ち現われてくる。
(Text/吉田重信)






吉田重信  Shigenobu Yoshida

[PR]

by mmfa | 2015-09-13 12:35 | 展示情報 | Comments(0)
2015年 09月 10日
吉田重信展「2011312313」-展示紹介1
e0184298_19284312.jpg





e0184298_192944.jpg





e0184298_19292511.jpg





e0184298_1929548.jpg





e0184298_19443627.jpg





e0184298_19301641.jpg





e0184298_1930368.jpg





吉田重信展「2011312313」

[PR]

by mmfa | 2015-09-10 19:47 | 展示情報 | Comments(0)