<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2016年 03月 27日
向こう側のリズム-終了
e0184298_19394911.jpg





「向こう側のリズム-呼応する絵画-」から二年が経ちました。
二回目の展覧会となる今回。それぞれが自身と向き合い、培ってきた表現が再び響き合うことで、
どんな空間を生むことができるのでしょうか。また、見えない先の未来にも、今までの軌跡を共鳴させながら、わたしたちは表現を続けて行きます。これは、その過程の一つの今の在り方です。
(展覧会趣旨文)



同じ場所で 日本画を学んでいた4名。社会へ巣立ち、それぞれの時間を経ての 今展。
「アウトプットの仕方はそれぞれかなり違うのに、同じ場所で学んだ匂いがするのが面白いですね」
「空間全体に親和性があって、でも 『個』 が立って見えた」等、ご覧になった方からの感想でした。

「向こう側のリズム」 、、 次にあるとしたら何年後に実現するでしょう。
その時までのそれぞれの活動が 豊かに太くある事を 願いたくなる。
そんな チャーミングな4名でした。

ご来廊くださった皆様、ありがとうございました。




e0184298_19385833.jpg









向こう側のリズムー展示紹介1  http://mmfa.exblog.jp/24251729/

向こう側のリズムー展示紹介2 http://mmfa.exblog.jp/24251823/


[PR]

by mmfa | 2016-03-27 19:55 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 26日
「向こう側のリズム」-3月25日 ギャラリートーク
e0184298_15444720.jpg




夕刻、美術評論家 北澤憲昭氏をゲストに、ギャラリートークがありました。
北澤さんは、2013年の同展 企画者でらっしゃいます。今展示作家4名が大学院在学時、ゼミご担当でした。


e0184298_15533598.jpg




(交わされたディスカッションの一部を紹介)

「学生の頃から、身のまわりにある風景を描いています。レイヤー的手法も折にふれ使ってきました。(伊藤)」
「今回始めて使ったというポリエステル素材により、絵に映像的感覚が加わって面白さが増したと感じた。こうした素材の使用が、後の世代に受け継がれてゆくかは不明だが。(北澤)」




「『庭のかたち』で、これまでの人物でない、樹、家から見える風景を描きました。(桑原)」
「樹であるが、人体につながる、身体性を感じる。(桑原の絵は)人の体が重なることで、あぶな絵的なエロスがある。それがこの樹にも感じられる。作者が意識しない所で、見手にとっての面白さがあったりする。(北澤)」




e0184298_1554245.jpg



「水平性、広がりが、自分の絵ではメインでしたが、垂直の線が新しく出てきました。(佐藤希)」
「たとえば『音』。水平に流れていくだけではない。垂直な音、垂直な時間もある。流れ、時間、音 ・・もっとこれから研究し、絵の深度を深くしていってほしい。(北澤)」



「学生の頃から電車などで見知らぬ人をクロッキーし、描き終えた時間を記入しています。人と時間に生じるずれ等に興味があります。(福岡)」
「レヴィナスの言にある顔の認識不可能性。ボルタンスキーのぼやけた作品もしかり。「顔そのものを見ることはできない」、、福岡の抽象的な人物は、そういう事も思い起こさせる。(北澤)」




e0184298_1603662.jpg



「・・こうしてあらためて4名の作品を見ると、“透明性”が、それぞれニあることに気づく。
偶然だが、風景が2名、人物が2名。それぞれ『呼応』していることも。

グループ展をする意味、、、それはそれが終わった後で わかるのだと思っている。
どの深さで、それを発見できるかが大事。相手の存在が、自分にとって『ギフト』となり得るか、また その逆も。(北澤)』



e0184298_1634697.jpg







向こう側のリズム 
伊藤志帆/ 桑原理早/ 佐藤 希/ 福岡しの野

[PR]

by mmfa | 2016-03-26 19:45 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 26日
向こう側のリズム-展示紹介2
佐藤希「潜む」
e0184298_18303339.jpg






e0184298_1832723.jpg






桑原理早「庭のかたち」
e0184298_18395062.jpg






佐藤希  左/「気配」   右/「音」
e0184298_1840691.jpg







e0184298_18403697.jpg






桑原理早「始終その姿で」
e0184298_18405298.jpg







e0184298_1841924.jpg






桑原理早  中/「シミ」  右/「いつかどこかの」
e0184298_18412440.jpg






桑原理早
e0184298_18414036.jpg







向こう側のリズム
伊藤志帆/ 桑原理早/ 佐藤 希/ 福岡しの野

[PR]

by mmfa | 2016-03-26 18:53 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 26日
向こう側のリズム-展示紹介1
1Fから。


e0184298_17415586.jpg





伊藤志帆「twincle」
e0184298_18312939.jpg





右/福岡しの野「151224」
e0184298_17432965.jpg





福岡しの野「スペシメン」
e0184298_18593412.jpg





伊藤志帆「dragonfly」
e0184298_17461582.jpg





伊藤志帆  左/「mirror」 右/「notice」
e0184298_17464498.jpg






e0184298_1747351.jpg






右/桑原理早「日日」
e0184298_17472531.jpg






左より 桑原理早「日日」、佐藤希「静寂」、伊藤志帆「影」、福岡しの野「151106」
e0184298_17474562.jpg




向こう側のリズム
伊藤志帆/ 桑原理早/ 佐藤 希/ 福岡しの野


[PR]

by mmfa | 2016-03-26 18:20 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 17日
向こう側のリズム-搬入
e0184298_18224929.jpg






e0184298_18103137.jpg






e0184298_18131288.jpg





e0184298_18133353.jpg






e0184298_190966.jpg






e0184298_18145581.jpg





e0184298_18154435.jpg






e0184298_18252937.jpg






e0184298_18314270.jpg






e0184298_18162932.jpg



約2年半前、この場所で、同タイトルで開催された展示 「向こう側のリズム」がありました。
2回目の展示は、4名が それぞれの場所で紡いた時間、距離と、個の響き合いとなります。
生き生きとのびやかに奏でられるリズム、共鳴に、ぜひお立会いください。
明日より始まります。

向こう側のリズム
伊藤志帆/ 桑原理早/ 佐藤 希/ 福岡しの野

[PR]

by mmfa | 2016-03-17 19:23 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 13日
祥洲と墨集団翔Sho書作展 「墨翔」&「支・離・滅・裂」-終了

e0184298_17253343.jpg







e0184298_17265393.jpg



毎年、墨の世界の両極 ―伝統性と革新性― を見せてくださる、祥洲と墨集団の皆さん。
今年は両階で、印象ががらり異なる趣向でした。

1F会場「支・離・滅・裂」
90×180cmの紙に書かれた「支」「離」「滅」「裂」の一文字が、画廊の壁面を囲み埋め尽くしました。
書き手の個性が際立ち、支離滅裂でありながらひとつの強いうねりのようなインスタレーション空間でした。
2F 会場「墨翔」
集うことで個が際立つ・・ 会の精鋭メンバーによる、伝統書、現代書、抽象・・ まさに“さまざま”な表現世界。
現代の家屋にも添う京表具の風情、実ある美しさも見所でした。

名残り惜しくも 終了です。
ありがとうございました。


e0184298_19364840.jpg



つたない写真ですが、下記で展示風景がご覧いただけます。
1F 「支・離・滅・裂」
http://mmfa.exblog.jp/24213997/
2F 「墨翔」展は、3月22日―27日にギャリエヤマシタ(京都)へ巡回するため、今日は紹介を控えます。
京都展がスタートしてからアップしますので、しばらくお待ちください。



祥洲の墨の世界
[PR]

by mmfa | 2016-03-13 19:54 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 12日
祥洲と墨集団翔Sho 書作展 2F「支・離・滅・裂」-展示紹介2



e0184298_1633230.jpg






e0184298_1635044.jpg






e0184298_164462.jpg






e0184298_1642644.jpg






e0184298_1645590.jpg






e0184298_1671133.jpg






e0184298_1674172.jpg






e0184298_168448.jpg






e0184298_1684129.jpg






e0184298_169523.jpg






e0184298_1692348.jpg






e0184298_1695199.jpg

[PR]

by mmfa | 2016-03-12 22:02 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 12日
祥洲と墨集団翔Sho 書作展 1F「支・離・滅・裂」-展示紹介1
e0184298_19454017.jpg







e0184298_19455692.jpg







e0184298_19461087.jpg







e0184298_19462819.jpg







e0184298_19464685.jpg







e0184298_19495340.jpg







e0184298_19502548.jpg


それぞれが「支」「離」「滅」「裂」を90×180cmの紙4枚に書き、それらが一同に集められ、作者名を伏せた形で主幹の祥洲が選んだ、結果の21点がランダムに展示されています。
同じ一文字が書き手によって、これだけ異なるのだと驚きますし、その「字」のそれぞれの捉え方も また興味深い。
「支・離・滅・裂」ながら会場に佇むと、全体が同一となり身体に響いてきます、稀なるインスタレーション。



祥洲と墨集団翔Sho 書作展

祥洲の墨の世界 公式HP
[PR]

by mmfa | 2016-03-12 20:03 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 06日
祥洲と墨集団翔Sho書作展 「墨翔」&「支・離・滅・裂」-オープニング
e0184298_17282053.jpg






e0184298_17285313.jpg







e0184298_1729234.jpg







e0184298_1730347.jpg







e0184298_1730378.jpg







e0184298_173058100.jpg



1年ぶりの再会も多く、温かくにぎやかなオープニング日でした。



祥洲と墨集団翔Sho書作展 「墨翔」&「支・離・滅・裂」
[PR]

by mmfa | 2016-03-06 17:36 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 03月 04日
祥洲と墨集団翔Sho書作展 「墨翔」&「支・離・滅・裂」-搬入
e0184298_19223582.jpg





e0184298_19225145.jpg





e0184298_1923436.jpg





e0184298_19232147.jpg





e0184298_1924073.jpg





e0184298_19244492.jpg





e0184298_1929364.jpg





e0184298_19251076.jpg




京都より 祥洲さん、匠吾さん、HILOKIさん、「支離滅裂」参加の3名(小山恵莉さん、鈴木裕子さん、日野 馨さん)が到着。賑やかな搬入日となりました。
箱が開封され 作品が取り出されると、画廊空間に墨と紙の香りがふわっとひろがります。墨世界の始まりです。

今回は、1Fと2Fで、展示の印象ががらり異なります。
前代未聞の趣向に驚く1F 15名の作品によるインスタレーション 「支離滅裂」。
2Fの「墨翔」では、9様の墨世界が。それぞれの個性と それらが集う事での妙。

ご覧いただければと思います。明日、初日です。




祥洲と墨集団翔Sho書作展 「墨翔」&「支・離・滅・裂」
[PR]

by mmfa | 2016-03-04 19:58 | 展示情報 | Comments(0)