<   2016年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2016年 04月 30日
工房集展―作品紹介⑤ 横山明子・渡邉あや

横山 明子 



e0184298_16265351.jpg




e0184298_16274100.jpg




 力強いストロークで、繰り返しグイグイと描いていく行為。その非常な集中力の中から、構成的でありながら冷たさがなく、ユーモラスな生命感に溢れている彼女の画面ができあがっていきました。以前からよく描かれたフーセンなどのモティーフは変わりませんが、主に使う画材がクレヨンやマッキーから水性ボールペンになって線を紙が破れるほど細かく繰り返し描くようになりました。空間が複雑になり何よりも画面からやさしさが感じられようになりました。

中津川 浩章



 表現活動が仕事になったきっかけの人。入所当時は人との関わりや下請け作業の仕事をとにかく拒否していた明子さん。でも「絵描いてくれる?」だけには喜んで応じてくれる。そんな明子さんの姿から「明子さんの好きなことを仕事にしよう」と、工房集の表現活動が始まりました。絵画の仕事に出会ってからの明子さんはものすごいパワーの表現欲で次々と作品を生み出していき、先駆的に風を起こしてくれました。20年経った現在では、時には食堂で給食の準備の様子をじっと眺め、時には畳の上で眠り、時には大好きな職員やメンバーにちょっかいを出して笑い・・・自分のペースで穏やかに1日を過ごしながらも、必ず絵画の仕事に向かっています。入所当時からは想像できない姿。明子さんにとって絵画の仕事はかけがえのないもの。明子さんの起こした風はみんなに広がっていき、今も吹き続けています。

スタッフ 矢野 愛美





渡邉 あや


e0184298_16305192.jpg




 飛行場に停まっている飛行機が色鉛筆により丹念に塗りこめられています。コントロールされた強い筆圧で描かれた装飾的でカラフルな世界は一見、色鉛筆で描かれたとは思えないほどの過度な密度と集中によって建築物のような構築性が感じられます。飛行場にはショップや食べ物、自動車も描かれ、さらによく見れば画面の中にまた画面があり、別な世界が現れ、時間と空間の中を行ったり来たり、現実と非現実の間を行き来する夢見の世界につながっています。
 飛行機というモティーフを見つけるまでの数年間はさまざまな試行錯誤を繰り返してきましたが、それでもあきらめずにずっと自身のスタイルを探し求めていました。そしてやっと飛行機に巡り合ってからの快進撃はご存じのとおり。飛行機を媒体としながら取り巻く世界もより多様性を獲得し画面の密度が増しています。

中津川 浩章



 あやさんと言えば、「飛行機」。でも、自分の表現を見つけるまで、さまよい、悩み、模索し続けてきた。養護学校の修学旅行で行った沖縄。「その時に乗った飛行機でまた沖縄に行きたい」という思いで、描き始めた。常に職員は一緒に悩み、励まし、寄り添ってきた。描き続けていく内に作品は緻密になり、力強くなった。やっと自分の表現に出会うことができた。
 いつも明るく元気なあやさん。でもその心の奥底には、満たされなさや寂しさがある。でも満たされない思いを、絵画にぶつけられるまでに成長した。不安や悩みに押しつぶされそうになることもあるけれど、前を向いて力強く前進している。
 あやさんの夢は、自分の作品が海外へ行くこと。そして、海外に展示された作品を、大好きな飛行機に乗って家族みんなで見に行くこと!いつかその夢が叶うといいな。

スタッフ 渡邊早葉 
[PR]

by mmfa | 2016-04-30 19:00 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 30日
工房集展―作品紹介④ 野口敏久・箭内裕樹


野口 敏久



e0184298_16192365.jpg




e0184298_16193956.jpg




e0184298_16195648.jpg




 野口はゆっくりと確かめるようにひとつひとつ点を描いていきます。初期は線描でチューリップを描いていた時期が長くあり、少しずつ点を描くことに移行していきました。技法としてはよくある点描ですが、手法を彼は誰に学んだわけでもなく、ただ彼の生理的で内的な欲求によって導かれたものです。同じ班のメンバーが牛乳パックから作る厚手の紙を支持体にして、そこに太めのマーカーでさまざまな色が混ざり合う不思議な世界を作り上げていました。
 最近作では点が微妙に混ざり合い混色された色面となって新しいフォルムを生みだし、それにより画面がダイナミックに変化してきています。長い年月をかけた制作の継続と集中によって生み出される野口の画面には、単なる視覚的な密度とは違った強度があります。それは絵画の本質的な魅力を私たちに再認識させてくれます。

中津川 浩章



 グループホームから週1度家に帰るのを楽しみにしていて、「家に帰って何たべるの?」と問うと「ハンバーグ‼」または「にくっ‼」と力強く答える敏久さん。アトリエ輪に来てからのブームは、バランスボール。出勤するとバランスボールを持ち出してきて、横になってボールを抱えたり、持ったりしてリラックスしている。バランスボールの使い方が間違っているように思うが、本人はとても気に入っているようで、昼休みにもバランスボールを持ち出して同様にリラックスしている。
 作品はポスカで描く「てんてん」。最近の作品は点をつなげて描いている。空間のあった初期の頃とは違い、模様を描いている様子で、画材を時々回しながら描く視点を変えて、時に首を傾げたり、「ぐへぇへ」と笑いながら楽しんでいる。 描き方が変わってきて、何度も塗り重ねているので、画材も厚紙や、キャンバス、板など質感の違うものを本人と相談しながら大きさもその時々で変えて行なっている。「てんてん」の世界観の変化を楽しんでみてください。

スタッフ 大貫 祥太





箭内裕樹

e0184298_1622243.jpg




e0184298_16224439.jpg




e0184298_1623259.jpg




 ボールペンで執拗に描かれた画面を見ると線を重ねすぎてところどころ紙が破れかけています。よく見るとそこには建物や窓や人の顔のイメージがありその上からさらにまた線が描かれてそれらが塗りつぶされているのがわかります。  何故にこんなにも線を重ね重ねていかなければならないのか、画面にじっと向き合い彼の行為とその背後にある感情をたぐっていくと、人が描くことに対する切実な感情の在処につきあたります。線を重ねていくことは快楽なのか修行なのかわかりませんが、何枚も繰り返されるその行為は箭内自身にとって生きていくことに必要な行為なのでしょう。手のつぶやきから始まりいつしか境界を超え、描くことの根源に到達しています。最近では色彩が豊かに線が軽やかになって、より調和した世界を感じさせてくれます。これも環境や心の変化が作品に反映したのだと感じています。

中津川 浩章



 普段は穏やかで物静かな彼だが、誕生会やイベントごとがある時は、「よ!」と声をかけ拍手をし、一気にその場を盛り上げてくれるムードメーカーに変身。そんな箭内さんの絵画は今年から始まった。作業室に流れている音楽を聴きながら「ふ、ふふ」と鼻歌をうたいながら実に楽しそうに描いている。時には周りを気にせず一心不乱にペンを走らせている。太さが違うボールペンを使い分け、四角の箱を幾つも描いていく。そして、その箱の中にハートやマル、自分の似顔絵を描き込んでいき、最後に上下、斜めと力強く自分の気持ちを思いっきりぶつけるかのように塗りつぶしていく。最近の作品は、たくさんの顔が散りばめられ、周りにいる仲間たちを描いているよう。やわらかい筆圧の可愛らしい絵になっている。その絵をじっと目を凝らして見つめていると何か浮き出てくるようなそんな気がする。

スタッフ 赤羽幸治
[PR]

by mmfa | 2016-04-30 17:00 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 30日
工房集展―作品紹介③ 西川泰弘・納田裕加

西川 泰弘



e0184298_12321643.jpg




 アボリジニのアーティストたちと共通するコスモロジーを感じさせ、点描とストロークによる装飾的で美しい色彩で成り立っている西川泰弘の絵画。『ぼくのすべて』と自ら題した作品は自然のいとなみや、拡がっていく無限の空間や植物や人間、そして彼が感動した光景などから導き出された様々な形態のイメージからなり、明るく透明感に満ちています。ポスターカラーのマーカーを使った点描に近い手法でタッチを重ね画面全体のイメージをつくっていくスタイルは変わらないものの、迷いながら描いていた頃に比べて、自分はこれしかない、これなんだ、とういう確信をもって描いているように見えます。いつも安定したクオリティの作品を生み出しています。

中津川 浩章



 「絵を描くことを仕事にしたい」と自らインターネットで調べ、工房集へやってきた。はじめのころは絵を描くどころではなく、暴れたり、外に飛び出したりたびたび不安定な状態だった。でも、大変なことはあったけど、その都度職員と話し合い、不安な気持ちを絵にぶつけることで落ち着いて過ごせる西川さんへと変わっていった。そして、「個展を開きたい」という西川さんの願いも実現できた。現在は、新しい場所アトリエ輪で「僕って幸せだよね」「みぬまに来て本当に良かった」と何度も口にしている。作品もその気持ちが伝わってくるような何だかほんわかした、やさしい色合いに感じられる。今、幸せいっぱいの西川さん。でも、その作品が以前描いていた作品のように評価されないことで少し悩んでいる西川さんもいる。

スタッフ 赤羽 幸治





納田裕加



e0184298_16134345.jpg




e0184298_1615511.jpg




e0184298_16153345.jpg




 納田裕加は工房集の母体である「みぬま福祉会」の創立当初からいるメンバーです。様々な仕事を体験する中で織りにめぐり合い、それを仕事として位置付け制作しています。
 さらに絵画制作にも積極的に取り組み、織り作品・絵画作品共に魅力的な作品を生みだし続けています。両方に共通しているのは特異な発想と大胆で豊かな色使いです。絵画は、一見抽象画のようですが、よく見ると日常の物事がディフォルメされ整合性なく構成されています。しかしそれが不思議な魅力を生み出しオリジナリティ溢れる絵画を生み出しています。
 織りも絵画同様に色彩感覚に優れ、素材感を生かし密度ある織り作品を作り出しています。さらに最近では織に使用する糸を使って同じダウン症の世界的アーティストであるジュディス・スコットを彷彿させる奇妙なエロティックなオブジェも制作しています。納田にとって絵画も織りもオブジェも同じように自分を表現する大切なメディアです。糸は絵具で、織り機はキャンバスでもあり筆であり、大切なスタッフとをつなぐコミュニケーションツールでもあります。最近では作品サイズもますます大きくなり、さらに刺繍作品も制作するなど納田の挑戦は留まるところがありません。

中津川 浩章



 面白いこと、周囲を笑わせることが大好きで、いつもみんなを楽しませてくれる納田さん。そんなみんなを驚かせたいという気持ちが、納田さんの作品にも表れている。
 長い間、続けてきた仕事は織り。縦糸と横糸の重なりという、ある意味単純な表現だが、糸ではないものを横糸に使ってみたり、切れ端の糸をひとつひとつ繋げて1本の糸にし、それを横糸として使ってみたりと面白い。
 絵画の活動を始めたのは7年前。他の仲間が絵画でどんどん評価されている姿を見て、「私もやってみたい!」と始めた。周りの仲間の影響から始めた活動も、初めてみれば納田さんらしさ満載の自分のものにしてしまう。今では、全紙サイズにも取り組んでいて5ヵ月以上時間をかけて完成させる。できた作品は職員や仲間、見学に来られたお客さん、みんなに見せてアピール。もう疲れたかな…と思っても、「次は何を描こうかな~」とやる気満々。納田さんの創作意欲は途切れることがない。

スタッフ 蒲生侑希
[PR]

by mmfa | 2016-04-30 15:00 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 30日
工房集展―作品紹介② 佐々木省伍・鶴岡一義


佐々木 省伍



e0184298_1654235.jpg




e0184298_166930.jpg




 おもに透明水彩やクレヨン、時にマーカーによって描かれる彼の絵画は、人間の顔や植物がユーモラスで抽象的な形態で表現され不思議な浮遊感を漂わせています。
 ダイナミックで緻密な画面構成、独特な形態と力強い筆圧。情感溢れ透明感のある色彩は見る者を絵画の魅力に誘います。色彩本来の隠されている力を呼び覚まし、生きることや優しさや激しさといった人間の感情を呼び起こさせる力を持っています。最近では以前のような作品のヴァリエーションは見られないまでもその優れた色彩感覚によって有機的でユーモアを感じさせる世界に変化してきています。

中津川 浩章



 絵を描くことがとても大好きで日中活動だけでなく自分の部屋に戻っても絵に向き合っているほどです。一日の活動が終わる時は「絵は?」と言って次にいつ絵を描くことが出来るのか確かめるほど、絵を描くことが本当に大好きで楽しそうです。描いている途中や出来上がった絵を職員に「描いた!」と言って見せに来てくれ、描くだけでなく人に見てもらうこと評価してもらうこともとても嬉しいようです。作風は、クレヨン、色鉛筆、絵の具など様々なものを使って描いています。描き込んでいくとクレヨンで下絵を描いた上から更にクレヨンで塗りつぶしてしまい一色になってしまうほどのめり込んでしまうこともあります。最近ではマジックを使うこともあり、いろいろ新しいことにも挑戦しています。佐々木さんの絵は展覧会で何度も取り上げられ、みぬま福祉会の表現活動の先駆者です。

スタッフ  塙 純二





鶴岡 一義



e0184298_167673.jpg




 木の端材のすべての面にペイントし、さらに線で螺旋のドローイングを重ねていきます。その線は大きく旋回し軽やかなリズムと生命感を持ちながら私たちに何かを語りかけてきます。さらに描きこんでいくことによって線の重なりは面的なものへと変質し、存在感のある不思議な小立体が現れます。
 鶴岡は完成したひとつひとつのパーツを組み合わせ、そこから街を連想するようなレリーフ状の作品にしたり、さらにもっと複雑な構成の立体作品にしていきます。最近では描く線が細くなってより密集度が増し、描いている画面に緩急が生まれてきています。
 そんな鶴岡ワールドの展開はとどまることを知りません。それは快楽なのか、祈りなのか私たちにはわかりません。しかし鶴岡はこのような制作を13年以上続けています。彼にとって表現することは生きることそのものなのです。

中津川 浩章



 決まった行動を多く行うことがあって、アトリエ輪の中にある小さいゴミ箱のゴミを大きなゴミ箱にまめに捨ててくれたり、座る場所を決めていたりする鶴岡さん。最近は、鶴岡さんから仲間にタッチを求めるたり、ポスカのインクが出にくくなると仲間に渡してチェックしてもらう、自分の席があるテーブルで仲間たちがUNOをしていると座る位置をずらして仲間のことを考えて動くなど、自分の世界がすこしずつ広がってきている。
 作品づくりは、木材をノコギリで切る、ペンキで色を塗る、ポスカやマッキーで○を描く。昨年度からペンの太さに変化をつけて極細のポスカを作品によって使うようになり、大きい作品と小さい作品、作品のサイズに幅ができてきた。ポスカとマッキーを本人のその時のブームで使っているが、同じ○を描いた作品でも雰囲気が違う世界がみえる。単純にみえるようで奥深い○が織り出す世界を感じてください。

スタッフ 大貫 祥太
[PR]

by mmfa | 2016-04-30 13:00 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 30日
工房集展―作品紹介① 大倉史子・尾崎翔悟

大倉 史子



e0184298_15592935.jpg




e0184298_15595035.jpg




 おもにアメリカンチェリーなどの果物や食べ物を繰り返し描き、画面をびっしりと埋めていきました。よく見ると一枚一枚空間が微妙に異なっていて、書き残しの余白がとても美しい画面です。アメリカンチェリーと余白がほのぼのしていながらぴったりとはまり、個性的なレイアウトとして成立しています。
 気に入ったモティーフを反復するスタイルは今でも変わりませんが、対象となるモティーフはその時々の興味を反映し日々描くものが変化していきます。また、同じモティーフでも立体的にとらえたり、違う角度から描いたりとひとつひとつ微妙な変化をみせています。

中津川 浩章



 気に入っているモチーフを画用紙いっぱいに描き並べる大倉さん。自分の描きたい時に、描きたい場所で、描きたいモチーフを描くスタンスはこの13年間ずっと変わらない。場所に限って言えば、工房集の裏にあったレンガを自分で積み上げて、机を自作してしまうほど。よく「あれ?こんなところに、こんなものが…」と驚かされる。身近にあるものを使って、何でもユーモア溢れる“ふーちゃんワールド”にしてしまう。手にはいつも好きな人の顔写真が貼られたコラージュを肌身離さず持っていて、職員に印刷を頼んでは、また切って貼ってと。洋服にも自分で絵を描いたり、刺繍をしたりと…。表現することへの意欲はこの13年間変わらない。しかし、続けている中で「~描いた!」と周りに作品を見せて回るようになった。表現するだけでなく、それをみんなに見てほしい!展示してほしい!そんな大倉さんの姿が日々感じられる。

スタッフ 蒲生 侑希





尾崎 翔悟



e0184298_1601976.jpg




e0184298_1603815.jpg




e0184298_1605399.jpg




 お気に入りの楽器やコンサートホールの様子などをマーカーの独特な線で描きだしていきます。音楽が本当に好きで、楽器に魅せられ何種類もの楽器がモティーフとなっています。生命を持つ楽器は昆虫のようでもあり、奏者がいなくとも自らを奏でているかのようです。ほんの少しだけ着彩することによって、音楽の持つ拡がりと気持ちよさが優雅に表現され線と色彩が響き合います。彼が描いているのは楽器ではなくその楽器が奏でる音、さらに音楽そのものを描いているように見えます。大胆で力強い線で画面全体に表現されていた初期の作品にくらべ最近ではひとつひとつのモティーフが立体性を感じさせる描写になり、細部も丁寧に表現され余白を意識したレイアウトになり、対象への興味もますます深くなっているようです。また画面の中に彼の記憶に関係する別の画面が線遠近法を使って現れより複雑な画面構造を作り出しています。

中津川 浩章



 名前や形状だけでなく、音色も含めあらゆる楽器を知っている。小さな体をくの字に折り曲げながら画用紙に向かう。顔との距離は僅か10㎝。直線部分は定規を使い、曲線は両手でペンを握る。以前は学生時代に頂いた楽器カタログの記憶だけで描いてきたが、近年は好きな画像を週2回、独自の造語を含めプリントアウトしたものを傍らに置き、時に“エア演奏”も交え、食事も忘れるほどの集中力で仕事に向かっている。現在の作品は初期の頃とは異なり、荒々しさは影を潜め、様々な情景が唐突に現れ混在し、記号的で緻密なものへと変化した。評価は高く、海外デビューも果たしている。尾崎さんの細やかな仕事ぶりに感銘を受けた“BEAMS”のスタッフにより、革小物のコラボ商品も発売された。普段はおちゃらけキャラの人気者で、モノマネや楽器の演奏もこなす根っからのエンターテイナー。愉快な動きで楽しませ、素敵な言葉や気遣いで皆を癒している。

スタッフ 小和田 直幸
[PR]

by mmfa | 2016-04-30 11:00 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 29日
工房集展「超継続・風がふいている -風を起こした作家たちの今」―展示風景
e0184298_20404780.jpg





e0184298_20413066.jpg





e0184298_20414724.jpg






e0184298_2042295.jpg






e0184298_20422658.jpg






e0184298_20424850.jpg






e0184298_20432447.jpg






e0184298_20434570.jpg






e0184298_204451.jpg






e0184298_20442162.jpg






e0184298_20443811.jpg





工房集展「超継続・風がふいている -風を起こした作家たちの今」

[PR]

by mmfa | 2016-04-29 20:48 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 25日
工房集展「超継続・風がふいている -風を起こした作家たちの今」―作家来廊
e0184298_19552479.jpg



初夏気候の爽やかな日。工房集より、尾崎翔悟さん、納田裕加さん、横山明子さん、渡辺あやさん、スタッフ方々が 来廊くださいました。


e0184298_19562869.jpg






e0184298_19572555.jpg






e0184298_19574718.jpg





e0184298_2085723.jpg





e0184298_19591370.jpg



自分の作品に見入り、他の人の作品に「すごいね」と言葉をかける姿。
作品が褒められると、ほんとうに「嬉しい」と表情が語ります。
画廊にも気合をいただいた日。
[PR]

by mmfa | 2016-04-25 20:14 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 20日
工房集展「超継続・風がふいている -風を起こした作家たちの今」―搬入展示日
e0184298_18221933.jpg





e0184298_18224052.jpg





e0184298_1823163.jpg





e0184298_18232335.jpg





e0184298_18233940.jpg





e0184298_18235726.jpg





e0184298_18241652.jpg





e0184298_18243444.jpg





e0184298_18251184.jpg





e0184298_18253196.jpg





e0184298_18285896.jpg



好天、搬入日和。集さんよりスタッフ5名方&中津川浩章さんによる見事なチームワーク作業でした。
今展は、タイトルにあるように、工房集さんの礎ともいうべき作家 10名によるグループ展です。
長く継続しているからこその、深い充実感、遊び心、魅力あふれる作品に 画廊の壁は取り巻かれました。
ご覧いただきたい展示です。
明後日 22日(金)よりはじまります。




工房集展「超継続・風がふいている -風を起こした作家たちの今-」

[PR]

by mmfa | 2016-04-20 18:47 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 17日
2F 篠原敬典展「Private Myth」-終了
e0184298_20273171.jpg



『ものがたりは みのまわりに かくれている』

東京造形大で彫刻を学び、その後写真を学び、2009年より油彩を始め、今回はじめての油彩による個展を終えた篠原敬典さん。
頭の中にあるイメージを画面に落とした絵画は、そのストレートさと瑞々しさで、見る側の回路につながり、好評でした。「こういう絵に出がちの“あざとさ”が、ここには無いのがいい」と いくつかの声で聞きました。個性と思います。
会場で交わされた会話から、取捨選択して 今後に活かされる事と思います。




e0184298_20281746.jpg





篠原敬典展「Private Myth」 展示紹介

[PR]

by mmfa | 2016-04-17 20:37 | 展示情報 | Comments(0)
2016年 04月 17日
1F 西村陽一郎展「花の光」-終了
e0184298_19483981.jpg


桜ふぶきの花祭り(釈迦の生誕の日 4月8日)より はじまった西村陽一郎さんの個展。
前回の個展「ホタルとホタルイカ」でも同様でしたが、日常にある小さきものへ注がれた視線と情愛。
会場に射した透明で強い「花の光」は、見る人の心を忘我と共に沈めてくれ、力を与えてくれるものでした。
西村さんの稀有な個性と継続する探究心、近くはじめての写真集も出版されるという事で、今後の活動が期待されます。


e0184298_1947312.jpg




西村陽一郎
西村陽一郎「花の光」 展示紹介
[PR]

by mmfa | 2016-04-17 20:25 | 展示情報 | Comments(0)