2010年 09月 20日
グループ展「センスヨシ デタラメ ト build」作品
開催中のグループ展「センスヨシ デタラメ ト build」。
出展作家を順に、紹介します。
紹介文として、出展作家で、展覧会のコーディネートをした吉本伊織の言葉をそえます。

千葉隆弘
----------------------------------------------------------------

千葉隆弘は、マッコウクジラや原子炉など大きなものを木端やタルキなどを
繋ぎ合わせて作品をつくる。テーマの大きさや作品そのものの、大きなとは
うらはらに、いまにも崩れてしまいそうな不器用さがデティールに滲む。
不器用だけどなにものにもとらわれず、木端やタルキを積み上げたりつなぎ
あわせる姿には誠実だ。今回、千葉は「口封じた形象」をつくる。

----------------------------------------------------------------
e0184298_15301629.jpg

e0184298_15295337.jpg



須永健太郎
----------------------------------------------------------------

須永健太郎も切なくなるほどデタラメでBuildだ。今回はシェイプアップグッズ、
バランスボールから塩ビパイプに空気を送り、その際発生する摩擦音でバグ
パイプのようなホーミィの様なディジリドゥのような多重音 を奏でる楽器を発表する。
その名も『象麟(ぞりん)』。更に、彼のライフワークとも言える「念形」も展示する。

----------------------------------------------------------------
e0184298_1531888.jpg

e0184298_15304575.jpg



吉本伊織
----------------------------------------------------------------

吉本伊織は、アクリル絵の具、黒鉛、墨汁の素材を使い、寂しさが溢れる風景を
描く。寂しさとは、取り返しがきかない歳月と過ぎ去っていく今の、境目の事だと、
思う。風景画は緻密な作業の積みかさねだが実は作業中「壊れてしまえ」と思う
ときがある。人はだれでもそういうところがあるのだと思う。

----------------------------------------------------------------
e0184298_15312717.jpg

e0184298_15314734.jpg

[PR]

by mmfa | 2010-09-20 15:38 | 展示情報


<< FRISE作家来廊      グループ展「センスヨシ デタラ... >>