2010年 10月 01日
「仏像展Ⅱ」開催
季節がすすみ、涼しくなりました。いよいよ芸術の秋ですね。
MMFAでは、今月15日(金)から、マキイスタッフセレクションVol.2「仏像展Ⅱ」を開催します。
昨夏好評だった、仏像展の第二回展です。
出展作家のほとんどが新たな顔ぶれ。7人7様の「仏像創造」に挑みます。

展示に向け、仏像について、あるいは仏像展参加について、
各作家が、思い思いのコメントを寄せてくれました。

------------------------------------------------------------------------
麻生志保
ちはやぶる神 神にましますものならば あはれと思しめせ 神も昔は人ぞかし
(「梁塵秘抄」より)


------------------------------------------------------------------------
伊東直昭
相も変わらず迷い、惑い狂う。悟りや安寧の境地には背を向け、
逆走中の己を写すかのような異形のオンパレードです。


------------------------------------------------------------------------
高橋理加
時代が変わっても、人々の根源的な恐れや不安という精神のありように何ら変わりはない。
仏に祈る、医療に頼る、そこに根本的な解決が無い事も私たちは知っています。今回は、
薬師信仰をテーマに現代と過去のイコンを融合させ、それを表現しようと考えています。


------------------------------------------------------------------------
バンドウ ジロウ
数年前、ふと手にした仏典によって人生観が変わった。自分にとって仏教はロックと同じ。
今回は仏像の拡大解釈としてのタイポグラフィ作品を予定。


------------------------------------------------------------------------
松浦 春菜
神様達は誰も、“自分の姿を作って拝め”とは言っていないにもかかわらず、人間は
その像を造らずにはいられないようだ。そしてそれは大抵ヒトのかたちをしている。


------------------------------------------------------------------------
松下 由紀子
達観の極致である仏様が、何故これほどまでに艶めかしいのか、関心があります。
信心ない私のつくる「仏像」は、単なる煩悩だらけの彫刻にしか見えないでしょうか。


------------------------------------------------------------------------
渡辺 聖介
個人的に偶像崇拝はある意味恐ろしいものだと思いますが、偶像化された神・仏は
もっと恐ろしいものですし、そしてそれだけの力を持っていると思います。


------------------------------------------------------------------------
e0184298_14232756.jpg

ご期待ください。

マキイスタッフセレクションVol.2「仏像展Ⅱ」
10月15日(金)~10月26日(火) 会期中無休
[PR]

by mmfa | 2010-10-01 14:26 | 展示情報


<< 写真展2本      グループ展「センスヨシ デタラ... >>