2011年 02月 03日
マキイスタッフセレクションVol.3 開催のお知らせ
2月に入り、春の到来を感じさせる陽気が続いていますね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

MMFAでは、来る3月4日(金)より マキイスタッフセレクションVol.3を開催します。
「つぶやきははばたく」「仏像展Ⅱ」と、昨年2度開催したスタッフセレクションの3回目。
今回は「切迫感」と「コミュニケーション」、「すこしクレイジー」をキーワードに
3名の若手作家を紹介します。

マキイスタッフセレクションVol.3
「僕の話しを聞いてくれ 笑いとばしてもいいから」

2011年3月4日(金)~3月15日(火) 会期中無休
出展作家:秋吉かずき、岡野伸吾、鈴木光

◆3月4日(金)18:00~20:00 オープニングパーティー


展示に際し、各作家よりコメントが寄せられました。
------------------------------------------------------------------------
秋吉かずき
40年前、アメリカの宇宙計画でパイオニア10号は宇宙への手紙を載せて太陽系を旅立ち
ました。人類が滅びた後もこの宇宙船は文明を探す旅を続けているのかもしれません。
漂流する未完の通信は人間が抱える宿命的な孤独を象徴しているようです。
ツイッターが流行する昨今ですが、今回私は少しアナクロな方法でツイートしてみようと
思います。


------------------------------------------------------------------------
岡野伸吾
家から一歩外に出たら、社会の中に片足を踏み入れています。次の角を曲がれば誰かが
いるかもしれない。そのような想像が頭のどこかにあるとき、例え角の先に誰もいないとしても
社会の一部に触れている気がします。
見えない向こう側を想像しセルフポートレイトを作ることで、社会(いるかもしれないし、いない
かもしれない誰か)と自分の関係・距離を表現しています。


------------------------------------------------------------------------
鈴木光
私は今まで身近な存在の人についての作品を製作し、発表してきました。
今回の作品は、ある崩壊した家族の中に「ヒロシさん」という韓国人の男性が入り込み
住むことにより、家族の関係性が修復されていくといった物語りから制作された映画です。
是非ご高覧頂けるとうれしく思います。


------------------------------------------------------------------------
詳細は、画廊web、ブログにて随時紹介していきます。
ご期待ください。
e0184298_12352451.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-02-03 12:48 | 展示情報 | Comments(0)


<< 「小山篤展」「下川智華展」搬入中      「ART FACTORY展」「... >>