2011年 02月 07日
「下川智華展」 作品紹介
開催中の展示作品を紹介します。

2F 下川智華展「gold Leaf」より。
左「立つ人」、右「tree」
e0184298_18453652.jpg

「椎」
e0184298_1845564.jpg

「DRAWING - 木 ‐」
e0184298_18461956.jpg

「samsa」
e0184298_18463960.jpg
「9+」
e0184298_2015373.jpg

『今回、金箔の作品を始めて出しました。
数年前から、琳派、若冲、日本画の技法などに、気がつくと興味がいってました。』

『エゴン・シーレの描く、木が人のように見え、また枯れてゆく感じに、魅力を感じます。
自分も、基本は、人体が好きで、今回、木や種をテーマに多く描いていますが、やはりそれらは、
人間、人体につながっています。』

『ともすれば、(人体を描くと)生っぽく感じられるきらいがありますが、今回は、金箔を使用
する事で、生(なま)をとめるというか、緩和させる役割になったのではないかと思います』
e0184298_13102437.jpg


木、種子、枝葉 そして 細胞、骨、血管。
自然界に在る形と、人体の構成要素を 温かな色で描きだす下川さん。
生きているものは同一線上にあり、死に向かう事もまた自然。その「生」に金箔などの
装飾的要素を加えることで、新たな可能性を模索しています。

下川智華展「gold leaf」
[PR]

by mmfa | 2011-02-07 19:10 | 展示情報 | Comments(0)


<< 「小山篤展」 作品紹介      「小山篤展」「下川智華展」スタート >>