2011年 06月 07日
オアハカ マヒカ 展示カタログ
先日、ブログでご紹介したメキシコ オアハカでの展示
「“オアハカ マヒカ” 紙と土のちから Oaxaca―東京」

出展作家で代表の日本画家 内田あぐりさんより、展示カタログが届きました。

写真はカタログ表紙。とても素敵なので、紹介させていただきました。
オアハカの作家7名の共同制作による魚の作品部分です。
オアハカに自生するカリソーという竹で骨組みをして、オアハカ手漉き紙、布、植物などで
コラージュした作品。サイズ200×600cmのBig Fishです。
e0184298_1757524.jpg


土や岩から作られた絵の具の色が美しいですね。
都会に暮らす自分は、プリミティブな色にとても魅力を感じます。

内田あぐりさんのカタログに寄せた文章を一部、ご紹介します。

「・・・この展覧会は、オアハカと東京のアーティスト総勢35名が「紙へ描く」ことをテーマとして、それぞれの
独自の絵画作品を発表する国際交流展です。
サンアグスティンエトラの手漉き紙と日本の和紙、オアハカの土から作られた絵の具と日本の天然岩絵の具、
墨と木炭、筆と鉛筆。それぞれ異なる表現に見られる共通の素材が日本とオアハカの新たな表現の出会いと
発見となることでしょう。
めまぐるしく変貌する現代の中で、「紙」や「土の絵の具」などのプリミティブな素材がアーティストたちにとって
国や時代を超えた根源的な表現要素であることを発信できればと願っています。」


当ギャラリーでも、ひきつづき、オアハカの作家を
紹介していけたら、と思っています。

オアハカ マヒカ展過去の記事は、以下をご覧ください。
オアハカ マヒカ
メキシコ オアハカよりの便り(→表紙作品 Big Fishの写真をご覧いただけます。)
メキシコ オアハカよりの便り 2
メキシコ オアハカよりの便り 3
[PR]

by mmfa | 2011-06-07 18:06 | ニュース | Comments(0)


<< ハンブルグより「TEGAMI ...      うつわと家具のグループ展『スー... >>