2011年 09月 09日
「"Ach,so!?=あっ、そう!?" 2011」開催のお知らせ
MMFAでは、10月下旬より日・独作家の交流展を開催します。
展覧会タイトルは、「"Ach,so!?=あっ、そう!?" 2011」。

ドイツ語と日本語の類似語である「Ach so あっ、そう」をキーワードに、両国の作家の作品を併設展示することで、
共通点や相違点を、現代美術の文脈で見出す展示です。

"Ach,so!?=あっ、そう!?" 2011
Part.1 10月28日(金)-11月8日(火)
Emine Sahinaz Akalin/ Rolf Bergmeier/ 秋吉かずき/ 小山篤
Part.2 11月11日(金)-11月22日(火)
Dodo Schielein/ Torsten P Bruch/ 古池潤也/ SYUTA


◆10月28日(金)18:00-20:00 オープニングパーティー
◆11月12日(土)19:00- "Aurora's Night" Music performance and video art by Dodo&Torsten


開催に寄せて
日本語とドイツ語の、不思議で珍しい類語のひとつとして、驚いた瞬間に用いられる
言葉「あっ、そう!」があります。
ドイツ人は、期せずして新しい知識を得た時に「Ach so!」と口にし、日本人は、
それまで知らなかった何かに驚いた時に「あっ、そう!」といいます。ふたつの文化は、
何か新しいことや驚きに対して、おのずと同じ表現をつかうようです。
2008年にマキイマサルファインアーツで、ドイツ・ハンブルグのアーティストハウス
フリーゼのメンバー8名を紹介する展覧会を開催した際、“Ach,so!?=あっ、そう!?”を
タイトルとして選びました。そしてこの秋、フリーゼと日本の作家を紹介する展覧会の
タイトルに、この言葉をふたたび選びたいと思います。
コンテンポラリーアートは、何か新しい経験の感触や、未知の新しい表現方法の中での
何らかの気付きを、目指しています。来廊された人々の口から、たくさんの「あっ、そう?」
「あっ、そう!」が聞けることを、希望して。 

フリーゼ、マキイマサルファインアーツ
(タイトル・テキスト協力:サビーネ・モーア/FRISE)

e0184298_12504211.jpg


2008年MMFAでの展示
"Ach,so!? =あっ、そう!?" Part.1
"Ach,so!? =あっ、そう!?" Part.2
[PR]

by mmfa | 2011-09-09 14:02 | 展示情報 | Comments(0)


<< 「玉野綾子展」作品紹介      「本橋大介展」作品紹介 >>