2012年 11月 21日
「STILL AUTUMN」作品紹介6 - 塩崎由美子
作家6名による「STILL AUTUMN」、最後の作品紹介です。



塩崎 由美子 Yumiko SIOZAKI

ストックホルムを拠点に活動を展開している塩崎由美子。
写真、ホログラム、映像を中心に、折々に他者の記憶を取り込む独自のスタイルで、
世のあまねく物に「すでに美が在る」事を気付かせてくれる。
今展では、シフォン布にスウェーデンで撮影した森をプリントし、オーロラのように配したインスタレーション。



"恢復シリーズより"
e0184298_2334715.jpg

[2008 写真、布 110x500cm]



"sasayaki"
e0184298_13155220.jpg

[枕作品:2011 布、糸、ポリエステル綿、スピーカー 50x60cm]
[ドローイング:2010 紙、水彩 15×20cm]
e0184298_2333592.jpg





"恢復シリーズ"
e0184298_233644.jpg

[2010 ラムダプリント 左/右:41×26.5cm 中:26.5×41cm ED.10]


作家は近年「医療現場とアート」の活動に取り組んでおり、出品作はその可能性を探る作品でもある。



塩崎由美子展 -『私』を越えて- (2006)
塩崎由美子展「視線の彼方に beyond the EYE」(2007)
[PR]

by mmfa | 2012-11-21 18:45 | 展示情報 | Comments(0)


<< 「STILL AUTUMN」終了      「STILL AUTUMN」作... >>