2013年 03月 02日
阿蘇山晴子ダンスパフォーマンス「抱擁<ほうよう>」
昨夜行われた、阿蘇山晴子ダンスパフォーマンス「抱擁<ほうよう>」。

e0184298_13464953.jpg

e0184298_1347958.jpg


「大山椒魚の一生」を通じて、「生命」という命題に取っ組んだ内容でした。

e0184298_142577.jpg

e0184298_1435621.jpg



深い深い大きなふちの底、奥にわだかまる岩塊の横穴で、3cm程に生まれた赤ん坊は、雄の親に守られ育てられる。清らかな渓流域を主に、里の川にも生息し、2、3年で12cm程になる。推定で100年以上生き、180cm程にも成長する個体もあるという。

300万年前からその姿を変えることなく現在に生き延びてきた世界最大の両生類、日本を代表する水生動物 大山椒魚。国の天然記念物であり、絶滅危惧種でもある。
その未来形の生存と保護を祈り、清らかな渓流河川環境が、よりよく維持されることを願って、大山椒魚を題材に会場を構成・制作しました。それは同時に限られた時間を生きる我々人間の生命を振り返ることでもある。自分を愛するように、共にこの地球に生きる生命を愛してほしい。手に触れた生命を胸に抱擁してほしい。

Text/阿蘇山 晴子



e0184298_12102146.jpg

[PR]

by mmfa | 2013-03-02 18:02 | 展示情報 | Comments(0)


<< 阿蘇山晴子展「抱擁<ほうよう>...      阿蘇山晴子展「抱擁<ほうよう>... >>