<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 29日
祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」
京都の書家 祥洲の新作個展 祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」。

MMFAが新橋にあった2004年から、「祥洲の墨の世界」というタイトルで
個展を開催し、今年で7年目の祥洲。
伝統と現代(いま)との十字路にたちながら、新たな展開を見せる
彼の作品の一部を紹介します。

1F展示風景。右側が、今展の新たな試みである「十字路-Crossroads- works01」。
作品に使われる墨はすべて、彼自身がつくったもの。
e0184298_1901385.jpg

ステンレス板に定着しやすいよう調合した墨を使い、上から筆を重ねていく。
奥行のあるダイナミックな作品。十字の部分は、筆致のイメージでマスキングしたもの。
「十字路-Crossroads- Stainless Version 02」 ¥126,000
e0184298_1915126.jpg



また、今回は、2F奥に近作小品も展示。
彼が影響を受けた音楽をテーマにした作品のうちの1点。
CDサイズシリーズ「ピンク・フロイド-Echoes-」  ¥21,000
e0184298_1935912.jpg

漢字の成り立ちをテーマにした作品。「黒(金文)」 ¥58,800
e0184298_19122031.jpg


桜の蕾もいよいよふくらみをまし、花開くときを待ち望む・・・。
そんな胸がざわざわする外の世界とは対照的に、
画廊では、凛とした、モノトーンの美が広がっています。

祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」
[PR]

by mmfa | 2010-03-29 19:48 | スケジュール
2010年 03月 29日
「さまざまな書のカタチ」祥洲東京教室有志展
MMFA2Fでは、京都の書家 祥洲が主宰する東京教室有志によるグループ展
「さまざまな書のカタチ」が開催されています。

東京教室は月1回開講。古典臨書から現代文など自由な表現まで幅広く講義されます。
受講者の年齢も職業もさまざまですが、舞踏、写真、陶芸などクリエイティブな分野に
関わる人が多いそう。

今展では、そのなかでも精鋭11名が、思い思いのテーマで書のかたちを表現しています。
e0184298_2162916.jpg

e0184298_2164758.jpg


「さまざまな書のカタチ」祥洲東京教室有志展
[PR]

by mmfa | 2010-03-29 18:01 | 展示情報
2010年 03月 20日
「祥洲の墨の世界2010」オープニング
19日(金)より開催、MMFAでは恒例の書家 祥洲の新作個展、
祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」。

昨日、そのオープニングイベント「非連続の連続」が開催されました。

e0184298_2010275.jpg


イベントでは、ドラム、狂言、舞踏とジャンルのちがう3人のアーティストが、
祥洲の作品に触発されたイメージを即興で表現。

ドラムス( 鷹家剛志)×狂言( 大和座:原斗轟)×舞踏( 岡佐和香)

e0184298_20464989.jpg

e0184298_20313965.jpg

e0184298_20192526.jpg

狂言とドラムス、舞踏とドラムス、それぞれが全く異なる空気を醸成。
60名以上のお客様がお越しくださり、熱のある素晴らしいオープニングとなりました。

祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」
同時期開催 「さまざまな書のカタチ」祥洲・東京教室有志展
[PR]

by mmfa | 2010-03-20 20:55 | 展示情報
2010年 03月 13日
「Abflug2010-あさくさばしから声がする-」ギャラリートーク
春へ向かう時節、MMFAでは、1、2Fとも女性作家の展覧会を開催しています。

昨夜は、2Fの展示「Abflug2010-あさくさばしから声がする-」
ギャラリートークが行なわれました。

「Abflug2010」は、東京造形大学・母袋俊也ゼミ有志4名(滝川おりえ、田中さえ、
塚本和世、萩原麻実)による展覧会です。

ギャラリートークは、ゲストに美術評論家 鷹見明彦さんを迎え、
母袋さんの進行ではじまりました。

「ドイツ語『Abflug』は、『離陸』を意味する。
これまでの学生としての『最後』であり、作家としての『始まり』でもある
一度きりの機会」と、展覧を紹介する母袋さん。

若い作家は、やや緊張の表情。
e0184298_18334639.jpg

鷹見さんは、作家4名の作品を、それぞれ、過去の美術史の作家と照らし、
ストレートに切り込みます。
「現代美術の表現者として、先行者との差異を見つけ、見つめる事が大切」

内藤礼、エルネスト・ネド、小沢剛、杉戸洋、内海聖史、ドナルド・ジャッドなど・・・
様々な作家の名前が出現。

「自分の表現を見つけるために・・・先行者の営為を理解する、
そして、好きな作家に踏み込むこと」
「10年後の自分を考えること」
「自作を、美術のコンテクスのどこに位置づけるか」

4名の作品に引用された、美術史上の作家が異なるように、
各々、異なる作品を制作しています。
それぞれの問題を抱えながら、これまでの共有の場を離れて、固有の時と問題を生きていく、
その離陸に向けて、意義ある言葉がはなたれた1時間でした。
e0184298_18351064.jpg


Abflug2010-あさくさばしから声がする-
[PR]

by mmfa | 2010-03-13 18:42 | 展示情報