<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 27日
作品納品にて
先日、ベルギー人のお客様 VAN氏のお宅に、作品の納品に伺いました。
その際、とても嬉しい光景が・・・。
昨年納品した、書家 祥洲の作品が玄関に掛けられていました。
e0184298_17414720.jpg

対面の壁には・・・クリストの作品が。
e0184298_180435.jpg

記念に撮らせていただきました。
なお、MMFAに春を告げる恒例の祥洲新作個展は、3月18日(金)よりスタートします。(S)
e0184298_1834321.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-02-27 18:08 | ニュース | Comments(0)
2011年 02月 26日
メキシコ オアハカよりの便り 3
ひき続き、オアハカからの写真です。

ワークショップ風景。武蔵美学生も共に制作中。
e0184298_16542010.jpg


会場に展示されたオアハカの土から作られた絵の具。
e0184298_16555330.jpg


オアハカの作家アレリ・グティエレス・グスマン・リヴァスさん、右はバルセロナの作家の作品。
e0184298_16564180.jpg


手前は菊地啓さん、奥は田中彰さん(ともに武蔵美在籍中)の作品。
e0184298_16565887.jpg


「“オアハカ マヒカ” 紙と土のちから Oaxaca―東京」
3月8日まで サンアグスティンアートセンター、オアハカ、メキシコ

[PR]

by mmfa | 2011-02-26 17:02 | ニュース | Comments(0)
2011年 02月 25日
メキシコ オアハカよりの便り 2
昨日につづいて、メキシコ オアハカより写真の便りが届きました。

レプションの風景。中央のブロンドの女性がサンアグスティンアートセンターの館長だそうです。
e0184298_19155791.jpg

レセプションに訪れた方々。中央のボックスにはオアハカと日本画の絵の具や紙が展示してあります。
家族連れが目立ちますね。
e0184298_19165264.jpg

写真上:オアハカ作家 アルフォンソ・バレラ・ムニスさんの作品。
写真下:オアハカ作家 ホセ・アルベルト・カンセコ・エスピノサさんの作品。
アルフォンソさん、ホセさんは、MMFAで2009年に開催した「オアハカ マヒカ」展の出展作家。
e0184298_19191759.jpg

e0184298_19193561.jpg

同じくオアハカ 作家 Dr.Lakraさんの作品。
e0184298_19195384.jpg


「“オアハカ マヒカ” 紙と土のちから Oaxaca―東京」
3月8日まで サンアグスティンアートセンター、オアハカ、メキシコ

[PR]

by mmfa | 2011-02-25 19:34 | ニュース | Comments(0)
2011年 02月 24日
メキシコ オアハカよりの便り
先日ご紹介したメキシコ オアハカでの展示
「“オアハカ マヒカ” 紙と土のちから Oaxaca―東京」。

出展作家で代表の日本画家 内田あぐりさんより、展示風景の写真が届きました。
コメントとともに、ご紹介します。

2月15日に展覧会は無事にオープンしました。19日には展覧会レセプションが開かれ、
サンアグスティンアートセンターのディレクターの挨拶やオアハカと日本の作家の紹介などがあり、
300人以上のオアハカの方々が訪れ、オアハカ産のメスカル(メキシコ特産蒸留酒)や
料理などで盛況でした。
日本の作家たちの作品はとても好評で、ギャラリーや美術館のディレクター、メディアも訪れ、
作品への質問やメモする人など会場に展示した日本画とオアハカの画材に興味津々でした。
16日から18日までは日本画ワークショップを開催。
講座参加者35名が土の絵の具や日本画顔料、箔、墨などを使用して日本の和紙と
オアハカの手漉き紙に絵を描きました。ワークショップ最終日には参加者全員で
講評会が行われ、それぞれの個性が現れた素晴らしい作品となりました。
(内田あぐり)


左から、出展作家 蜂屋未来さん、河名祐二さん、岩堀洸明さんの作品。
e0184298_1628938.jpg

手前が内田あぐりさん、奥はオアハカ作家の作品。
e0184298_1628284.jpg

魚のオブジェ。
オアハカのカリソーという細い竹で骨組みされ、紙や植物、布などを編み込んだり
コラージュした作品。全長6メートルとのこと。大きいですね。
e0184298_1628411.jpg

最後に、レセプションの様子。
e0184298_16275078.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-02-24 16:47 | ニュース | Comments(0)
2011年 02月 23日
塩崎尚央「眼刺し」 作品紹介
ひき続き、展示作品の紹介です。

【2F】塩崎尚央 写真展「眼刺し」

e0184298_15544715.jpg

e0184298_15552125.jpg

e0184298_15554921.jpg

e0184298_15562721.jpg
e0184298_15564012.jpg


塩崎尚央さんも、自身の感受性、好奇をもとに被写体を選び、写真を撮っている印象は同じです。
ただ、その被写体への距離感は、大橋さんと異なります。
大橋さんを被写体に肉薄する人とすると、塩崎さんは被写体との距離を無理しない、
ねじ伏せない人、という感じでしょうか。

海浜、建造物等の水平線と、屹立する煙突や柱の垂直線、バランスへの嗜好を感じます。
また祭りや、街の人を撮った写真からは、「いいよッ」ではなく、穏やかに「あ、いいですね」
という声が聞こえてくるようです。
静岡在住、初個展。

* * * * *
写真展2本立ては、やはり面白いと思います。
作家の質の違いを、はからずもより感じさしめ、また写真というものが持つ特徴や幅を、
気付かせてくれます。(S)
[PR]

by mmfa | 2011-02-23 16:01 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 02月 23日
大橋啓祐「緑内障」 作品紹介
奇しくも、タイトルに「眼」に関連する語を含む写真展2本立ての週となりました。

展示作品の紹介です。

【1F】大橋啓祐 写真展「緑内障」より

e0184298_15254927.jpg

e0184298_15262083.jpg

e0184298_15293265.jpg

e0184298_15265063.jpg

e0184298_15274964.jpg


携帯電話カメラ、およびデジタルカメラで撮影された写真には、作者の観たい「今」が
映っているのでしょうか。
眼の手触り・・という言葉は、正しい使い方ではありませんが、肉体、温度、を感じさせる
写真です。
吉田拓郎が好きで、ご自身もギターを弾き語るという、大橋さん。
たしかに、観る側を引っ張っていく感じは、ライブでミュージシャンがぐいぐい観客を
いざなう感じと共通するかもしれません。
私小説のような、良い意味の生っぽさが際立ちます。
京都在住、初個展。
[PR]

by mmfa | 2011-02-23 15:34 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 02月 21日
塩﨑由美子さんと再会
先週末、埼玉県立近代美術「New Vision Saitama 4-静観するイメージ-」展に伺いました。
こちらは、埼玉ゆかりの作家に焦点をあて、館所属7名の学芸員の方が1名ずつ
アーティストを推薦、現代の美術動向をリサーチする目的のグループ展です。

出展作家のひとり、塩﨑由美子さんのトークショーが、19日(土)午後に開催されました。
e0184298_14492423.jpg


塩﨑さんは、ストックホルム(スウェーデン)とさいたま市に居住。
写真・映像を中心とした、インスタレーションを継続して発表。
記憶、他者と自分との交差、時間、肉体が有る事と無い事などをテーマに制作、
MMFAでは過去に2度、展示をしていただいてます。

昨年のスウェーデンは凄まじい寒さ、昼間でもマイナス17度という過酷な環境だったそうです。
まさに出口がない冬。
そういう中で撮られた、手ぶれもそのままのストレートな写真を、今回拝見することができます。
圧倒的な自然と、自然の中の自分。
その感覚と、距離。
作品の前に佇むと、作家の高揚や畏怖などが、ささやきとして染み込んでくるようです、
大声でなく、剣幕でなく・・・

訪れる春は、まさに、どれほどの喜びとなり恩寵となるでしょう。

蝋燭で見るホログラム、ドローイングと見まごう自らの髪の毛を撮影した写真、
他人の手による手芸作品と写真のコラージュ、
映像と音、すべてが共鳴して、
良い時とそうでない時の連鎖を見つめる作家の目に憑依するような、体験でした。
(S)

New Vision Saitama 4-静観するイメージ-
2011年3月21日(月・祝)まで
埼玉県立近代美術館にて
http://www.momas.jp/

MMFAでの過去の展示
塩﨑由美子展 -「私」を超えて-
塩﨑由美子展  視線の彼方に Beyond the EYE
[PR]

by mmfa | 2011-02-21 13:37 | 関連作家 | Comments(0)
2011年 02月 19日
「塩崎尚央写真展」パーティー
本日17時より、開催中の「塩崎尚央写真展」パーティーが催されました。

e0184298_20113413.jpg

挨拶をする展示作家 塩崎さん。
e0184298_20201949.jpg

写真家 須田一政さんをはじめ、須田塾の方々が来廊くださいました。
e0184298_20124396.jpg

[PR]

by mmfa | 2011-02-19 20:20 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 02月 18日
写真展2本立て- 2月
本日より、写真展2本立て スタートしました。

【1F】大橋啓祐写真展「緑内障」
e0184298_1751758.jpg

e0184298_17512788.jpg


【2F】塩崎尚央写真展「眼刺し」
e0184298_17514598.jpg

e0184298_1752278.jpg


明日19日(土)17:00より、2F塩崎尚央写真展のパーティーが催されます。
お運びください。

大橋啓祐写真展「緑内障」
塩崎尚央写真展「眼刺し」

大橋啓祐ブログ:http://emotion77.exblog.jp/
[PR]

by mmfa | 2011-02-18 17:58 | 展示情報 | Comments(0)
2011年 02月 17日
「大橋啓祐写真展」「塩崎尚央写真展」明日より開催
1F 大橋啓祐写真展「緑内障」
2F 塩崎尚央写真展「眼刺し」
展示作業が終わりました。
e0184298_1246689.jpg

左より、塩崎尚央さん、大橋啓祐さん、須田塾お世話役・蛭田さん
(塩崎さんは静岡、大橋さんは京都、蛭田さんは大阪からのご来廊。)

明日より久しぶりの写真展2本立て、お運びください。
[PR]

by mmfa | 2011-02-17 19:46 | 展示情報 | Comments(0)