タグ:武蔵野美術大学日本画学科 ( 6 ) タグの人気記事

2010年 11月 23日
「線描再考」展 終了
e0184298_20535092.jpg

14名の個性が会場を彩った2週間。本日終了しました。

「『線描再考』というタイトルに惹かれて、来ました」というお客様に多くお会いしました。
名付けてくださった内田あぐり先生、有難うございました。

あらゆる絵画の中で最も素朴な表現要素、「線描」。

段ボールやチラシ、布、アクリル板、木片、着なくなった服等、様々な素材に施された
それぞれの「線」を通して、現代における絵画表現の可能性を見ようとした展示でした。
e0184298_11583113.jpg

ありがとうございました。
[PR]

by mmfa | 2010-11-23 20:26 | 展示情報
2010年 11月 19日
「線描再考」展示作品-2
昨日につづき、「線描再考」展の展示示作品を紹介します。

佐藤 希
e0184298_1791694.jpg


男鹿 哲平
e0184298_1715799.jpg


西 綾音
e0184298_1724250.jpg


菅原有生
e0184298_1731330.jpg


田中 雅之
e0184298_1745337.jpg


西野 由璃子
e0184298_1735396.jpg


日比谷 泰一郎
e0184298_1710510.jpg

[PR]

by mmfa | 2010-11-19 17:10 | 展示情報
2010年 11月 18日
「線描再考」展示作品-1
開催中の「線描再考-Reconsider Drawing-」展。
展示作品を、1Fから順に紹介していきたいと思います。

柴田 碧
e0184298_18262752.jpg


澤井 昌平
e0184298_1827729.jpg


伊藤 奈央
e0184298_1828142.jpg


阿部 寛生
e0184298_18283811.jpg


渡辺 裕太
e0184298_1829284.jpg


萩谷 但馬
e0184298_18353449.jpg


福岡 しの野
e0184298_18302311.jpg

[PR]

by mmfa | 2010-11-18 18:36 | 展示情報
2010年 11月 15日
「線描再考」ワークショップ開催
秋晴れの日曜の午後、「線描再考」ワークショップが開催されました。

参加者と展示作家が、ひとつのテーブルで、あらゆる絵画の中でもっとも素朴な表現要素、
「線を描く」時間。
e0184298_13302963.jpg

e0184298_13311897.jpg

絵具の鮮やかさ。
e0184298_13374116.jpg

胡粉ねり。
e0184298_1333288.jpg

講師たち。
e0184298_1334316.jpg

e0184298_13342882.jpg

墨、日本画の天然土絵具、紙に触れながら、無心に線を引くと、落ち着き、時間を忘れます。
そして、制作に時間がかかる、という事実にあらためて気付かされます。

松園の、北斎の、線の巧みさを、想いながら。
e0184298_13351628.jpg

作品は、最後に会場の一部に展示。
e0184298_13355675.jpg


『この線は、巨大な円の一部である。』
by オノ・ヨーコ
[PR]

by mmfa | 2010-11-15 15:43 | 展示情報
2010年 11月 12日
「線描再考-Reconsider Drawing-」展初日オープニング
本日より「線描再考-Reconsider Drawing-」展、始まりました。

展示風景 1F
e0184298_21391683.jpg

展示風景 2F
e0184298_2141266.jpg


18時からのオープニングパーティーの様子。
内田あぐり先生と、佐藤美術館学芸の立島恵さん。乾杯の挨拶をしてくださいました。
e0184298_2142865.jpg

e0184298_2142269.jpg


後半は、自分の作品の前で語る時間に。
14名それぞれの、嗜好、模索、凝視、向かう感受性の方向、
人数がいる分、違いも明確になります。
内容豊かな会となりました。

e0184298_21434327.jpg

e0184298_2144197.jpg


線描再考-Reconsider Drawing-
[PR]

by mmfa | 2010-11-12 21:47 | 展示情報
2010年 11月 04日
「線描再考」展示とワークショップのお知らせ
来週12日(金)より、武蔵野美術大学 日本画学科の学生と院生による展示
「線描再考-Reconsider Drawing-」を開催します。

「絵画にとって、もっとも素朴な表現要素の一つ」である」線描。
その行為をあらためて、見つめ直す展覧会です。

廃棄物などの様々な素材へ、最もシンプルな線描という方法で
アプローチし、それぞれの表現を模索します。
e0184298_181878.jpg


会期中には、展示作家によるワークショップを催します。

「線描再考」メンバーによるワークショップ
11月14日(日)14:00~18:00 ※参加費:500円(材料費込)


日本画の基礎材料である顔料と墨を用い、紙や布、段ボール等の
廃棄物などに、絵を描きます。
描いた作品は、展示会場の一部に飾られます。

ただいま、予約受付中です。
参加ご希望の方は、画廊(メール、電話)までご連絡ください。

日本画材に触れるチャンス。描くという時間を、皆で共有しましょう。

e0184298_19425612.jpg


線描再考-Reconsider Drawing-(Eco Shift Taito 2010 関連展)
11月12日(金)~11月23日(火・祝) 会期中無休
[PR]

by mmfa | 2010-11-04 18:19 | 展示情報