タグ:祥洲 ( 32 ) タグの人気記事

2010年 03月 29日
祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」
京都の書家 祥洲の新作個展 祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」。

MMFAが新橋にあった2004年から、「祥洲の墨の世界」というタイトルで
個展を開催し、今年で7年目の祥洲。
伝統と現代(いま)との十字路にたちながら、新たな展開を見せる
彼の作品の一部を紹介します。

1F展示風景。右側が、今展の新たな試みである「十字路-Crossroads- works01」。
作品に使われる墨はすべて、彼自身がつくったもの。
e0184298_1901385.jpg

ステンレス板に定着しやすいよう調合した墨を使い、上から筆を重ねていく。
奥行のあるダイナミックな作品。十字の部分は、筆致のイメージでマスキングしたもの。
「十字路-Crossroads- Stainless Version 02」 ¥126,000
e0184298_1915126.jpg



また、今回は、2F奥に近作小品も展示。
彼が影響を受けた音楽をテーマにした作品のうちの1点。
CDサイズシリーズ「ピンク・フロイド-Echoes-」  ¥21,000
e0184298_1935912.jpg

漢字の成り立ちをテーマにした作品。「黒(金文)」 ¥58,800
e0184298_19122031.jpg


桜の蕾もいよいよふくらみをまし、花開くときを待ち望む・・・。
そんな胸がざわざわする外の世界とは対照的に、
画廊では、凛とした、モノトーンの美が広がっています。

祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」
[PR]

by mmfa | 2010-03-29 19:48 | スケジュール
2010年 03月 20日
「祥洲の墨の世界2010」オープニング
19日(金)より開催、MMFAでは恒例の書家 祥洲の新作個展、
祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」。

昨日、そのオープニングイベント「非連続の連続」が開催されました。

e0184298_2010275.jpg


イベントでは、ドラム、狂言、舞踏とジャンルのちがう3人のアーティストが、
祥洲の作品に触発されたイメージを即興で表現。

ドラムス( 鷹家剛志)×狂言( 大和座:原斗轟)×舞踏( 岡佐和香)

e0184298_20464989.jpg

e0184298_20313965.jpg

e0184298_20192526.jpg

狂言とドラムス、舞踏とドラムス、それぞれが全く異なる空気を醸成。
60名以上のお客様がお越しくださり、熱のある素晴らしいオープニングとなりました。

祥洲の墨の世界2010「十字路-Crossroads-」
同時期開催 「さまざまな書のカタチ」祥洲・東京教室有志展
[PR]

by mmfa | 2010-03-20 20:55 | 展示情報